世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

小正月

d0025568_19282575.jpg
獅子舞が来ました。
ドンドン焼きは14日に暦通りに終わってるのですが、この獅子舞は以前住んでいた地区の獅子が、出張で参ります。
獅子も、サラリーマンになったので、土日が主体ですね。
成人の日といい、小正月といい、あまり、日にちをずらすのも考えものかも。…
とか言いながら、結構楽しみました。


d0025568_19325589.jpg
ほれほれ


d0025568_1935240.jpg
地摺りしてます。子供のころはこれが怖かった…正面を向いてくれませんねー


d0025568_19371212.jpg
そうそう、これが楽しみ。
かみかみ~~~~
しばらくきょとんとしていた孫怪獣。


d0025568_1939554.jpg
やっぱり泣き出しました~~~~(笑い)

その夜は夜泣きが朝の2時まで続いたとさ~~~
[PR]
Commented by akko at 2010-01-18 12:48 x
お獅子 見たことありません~
来ただけでも怖いのに 何故 カミカミするのでしょ~
御利益あるの??
Commented by Alpineflower at 2010-01-18 16:32
akkoさん方面ではないのかな。
厄払いにやってきます。
最後に ~〇〇さんちも~ご安泰だえ~♪ ピーーーヒャラヒャララ♪
と歌が出ますねん。

かみかみ??
これは頭が良くなって健康になりますようにって、おまじない。
ご利益???
娘が言うことには(ここにいる母親)「あたしゃ、よくなってないから、あんまし期待しないほうがいい」ということだそうです。(笑)
Commented by プルメリア at 2010-01-19 20:57 x
こうした伝統芸能、風習がしっかり残っていていいですねぇ〜。
人手不足(後継者不足)とかなんとかいって、どんどん切り捨てられてますものね。
特殊な技能(獅子舞など)が伴わない子供たちだけで出来るものでさえ。
昔、田舎でやってたドンド焼きだって、火事が心配、悪の温床になる(小屋で子供が泊ることもあったから)、大気汚染、子供の数が減ったなどなどの理由で可成り前から行われなくなったそうです。

それにしても、お嬢様(怪獣のママさん)美人ですね! 母親似? 父親似?
ご利益で、きっと、立派な怪獣をクリアして良い子になりますよ!
Commented by Alpineflower at 2010-01-20 16:58
ドンドン焼きで今でも立派な小屋を作るところがあります。
火事が心配???悪の温床?あはははは
親が何でも先に禁止するから、悪いことと良いことの観念が概念的にしかわからない。自分でナイフを持って木を刻んだりして、指を切ったりすると、痛みが分かる。だから、人の痛みも実感する。
何でもかんでも、手間をかけて苦労することを恥と思う風潮がさみしい世界を作ってます。
絶やすことのないよう努めなくてはね。

怪獣のママさん・・・・誰に似たんでしょうかねー
こうしてみると姉によく似てる気がする。
by Alpineflower | 2010-01-17 19:41 | 四季 | Comments(4)