世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バイカル湖のクレマチス

d0025568_18151941.jpg


追加


d0025568_2023534.jpg

(今日は少し開いてますが、くるりん)
私はどうもクレマチスを育てるのが苦手で…
でもこのところ、種まきやら頂き物やらで少しずつ増えてきている・・・

で、いただいた、バイカル湖のクレマチスの種から、発芽して、やっと我が家でも咲いた、インテグリフォリア。
よそ様のお宅ではもうとうに咲いてるんだけど…
我が家は。。どうやら、過ぎゆく時間が遅すぎ…

でも、ま、咲けばこれまた良しで、深い色のいい感じで開き始めている。
たくさん発芽し、手元に残したのは結局3本。2本はロックの隅に、一本は木陰にあった。
あった。。というのは存在を忘れていたため…かわいそうに。

このうちロックの二本が成長し、花をめでたくつけたわけである。

欲を言えば、もう少し背が低くて咲くのを期待したのだけれど・・昨年は、地をはいずりまわってたのになー
あの感じで咲いてほしかった…
いまはたけは30cmまで立っている。しっかりと。
[PR]
by Alpineflower | 2010-05-29 18:24 | 栽培種

今年のイカリソウ達。

d0025568_19212312.jpg

今年のイカリソウは、近年になく花が咲いた。
庭植えになり、かなり具合が良くなったのと、剪定をして、明るくしてやったからであろう。
まだ、最後の花一つ二つ残っているが、ここでおさらいをしようと思う。

これは普通の花。この近辺でよくみられる花である。庭にあるのでは早く咲く部類。
シンプルな色と飽きの来ない花はやはりいい。



d0025568_19561962.jpg

このルブルムも、早咲きのほうであるが、どういうわけか、庭に3株もある。頂き物と重複したみたい。
赤いキョの小さな花であり、葉は常緑。


d0025568_1928217.jpg

これはアクミナツム。中国の花のであるが、実に強健。庭で、一mの塊を作り繁茂。
花は独特なのだが、このところ花が小さくなったような気がする。



d0025568_1930170.jpg

ダビディの大型種。
本来の種。これも常緑の葉が大きい。
黄色の大きな花は魅了するが、いかんせん、暴れすぎ。


d0025568_19334525.jpg

これはスルフレア。サルファ・・黄色というか硫黄色という意味。
今年一番出来が良かった花。やはり太陽は偉大。
まともに咲くと非常にきれい。
これも葉は常緑種

まだたくさん続く
[PR]
by Alpineflower | 2010-05-11 20:26 | 栽培種

小さなヒオウギアヤメ。

d0025568_21134242.jpg

北の国に咲くヒオウギアヤメは若かりし頃の、思い出の花。

山沿いのがたがた道を自転車で飛ばしながら会社まで走った13km。
その道沿いに季節になれば霧の中に咲いていた紫の花。

イリス・セトーサ・ナナ
ヒオウギアヤメの小型版。
高さは開花時に20cmあるかないか。でもその花は、紛れもなくあのヒオウギアヤメの花。

d0025568_21194331.jpg

いいですねー

しばし、コーヒーを飲むのを忘れて思い出に浸っておりました。

庭のこの一角は、いまが花盛り。
白の白馬アサツキにアッツ桜。背景もいい感じです。
[PR]
by Alpineflower | 2010-05-08 21:19 | 栽培種

フィテウマ

d0025568_20421355.jpg



d0025568_20424668.jpg

先日から、このフィテウマが咲き誇っている。
オービクラタか、シエベリーか、自分でも今ひとつ自信がない・・・
こんなにいい花なのに。
普通のいわゆるタマシャジンに比べて色ははるかに濃く、下部のロゼットもきれいな葉である。
花も大きく、言うことはない。これで種がしっかりとれれば、まったく最高。

コモーサは今年はどうも花がお休みのようだ。
ま、いい。株がしっかりすれば、花は自然と付いてくる。
あせることはないさ。
[PR]
by Alpineflower | 2010-05-08 20:46 | 栽培種
d0025568_18595392.jpg


Campanula ardonensis カンパニュラ・アルドネンシスです。
お生まれは中央コーカサスとか。
チシマキキョウのような葉ですが、咲く花のこの色の濃さ・・・
素晴らしいですねーー

このタイプのカンパニュラはいろいろとありますが、これが一番コンパクトです。
アルペストリスとか、もう少し早くロックにしておけば生き残ってほしかったものがたくさんあります。
そういうものはまた再挑戦です。

d0025568_197391.jpg


それとこのベロニカ。
これもすばらしい。
何ともバランスの良い花です。
頂き物なのですが。。。最高~~

お名前はVeronica aphylla  ヨーロッパアルプスや、ピレネーに分布とか。
シムシュクワガタほど大きな花ではないのですが・・・いいです。
[PR]
by Alpineflower | 2010-05-06 19:10 | 栽培種