「ほっ」と。キャンペーン

世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー

<   2008年 03月 ( 66 )   > この月の画像一覧

d0025568_2321677.jpg

トルコ原産の花であるが、一昔前はかなりポピュラーな存在だった。
そのころ、息子と仕事に出かけた当時の直江津で購入した思い出の花であるが、親球はすぐに駄目になり(用土が夏越し向きではなかったもの)その時にとった種を試しに播いていたものである。
数えてみると丸々6年が経過している。

肥培をすることをしなかったので、このようにまだ一枚葉のものもある。
昨年からメタボな生活をさせるようになったので急に咲いたのかもしれない。

思い出のある花はいいものだ。
[PR]
by Alpineflower | 2008-03-31 02:39 | 野草

青い宝石のよう

d0025568_142916.jpg

エリトリチューム・セリセウム となっているが、詳しいことはわからない。
検索をかけてもでてこないのである。
昨年の秋に購入したものであるが、ミヤマムラサキとよく似た姿で、花も同じかなと思ったのだが、案に相違し地際に張り付いて咲き始めた。
明るいブルーに黄色の目で、蕾の様子から見るとまとまって咲くようだ。
なかなかすばらしい花。

この仲間のナヌム(アレチオイデス)は何回か育てて花も咲かせたのであるが、夏越しの問題をいつも抱えて衰退してしまう。
さて、この子はどうか・・
とり合えず、種が取れるといいねー

咲き進んできている。4/1
名前判明 Eritrichum sericeum
そういえば以前に種を播いている。


d0025568_19135969.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-03-31 02:24 | 高山植物

ヒナスミレ

d0025568_1291363.jpg

頂き物の種からヒナスミレが咲いている。
種まきトレイの中で、すっかり安住しているので、どうしようかと今思案中。
周りを見れば、スミレのもののような発芽が一杯、
おやおや、ということは昨年も咲いたのかい。
どうしようか。

庭に放してみようか。
吉とでるか凶とでるか。

下のスミレはなんだろうか、、濃い紫で鉢のお邪魔虫をしている。
d0025568_140723.jpg


これは確か名前があったなー
d0025568_1375227.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-03-31 01:40 | 野草

苗場山のキスミレ

d0025568_7562947.jpg

もう2年ほど前に苗を購入したものだけど、学名がどれなのかよくわかりません。
オオバキスミレの小型版とかいう話もありますが。。

今年はあまりいじらなかったのできれいに咲いてくれました。
スミレの仲間は、ここが良いよって鉢を用意してもへそ曲がりで逃げて、よその鉢に平気で居つくところがあります。

バンバン種を飛ばして、バンバン出てくるのは困り者ですが。。。
こんなスミレも鉢の居候です。
名前は?よくわかりません。
d0025568_853669.jpg

斑入りシハイスミレの近況 1/4


d0025568_0375943.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-03-30 08:08

咲いてみれば・・・

d0025568_7414884.jpg

Fritillaria lanceolataということで、延々と何年も種からそだててきたけど。。。。。
咲いたらメレアグリスによく似ている・・・・
メレアグリスの大型版・・・
で、ネットで検索してみたら、ずいぶんと画像が違う。。。

うーむ、どうやら、こいつはちがう。
やっぱしメレアグリスではないかと今結論。

もう一つのも、成長しているが果たしてやつは・・・どうか。興味津々。

しかし、何年もかけて大きくしたのに。。ちょっとがっかり
メレアグリスは庭植えするほど増えているのだよ。
[PR]
by Alpineflower | 2008-03-30 08:02 | 野草

庭のニリンソウ

d0025568_18491486.jpg

エビネに負けまいとやっとニリンソウが顔を出した。
このごろはエビネの圧力に屈しそうな感じだ。頑張れ、ニリンソウ。

咲き始めのこのウスベニ色がなんともかわいらしい。
毎年、夜盗虫の害にあうのだが今年は意外と虫の害が少ない。
ふむ。
自然界のものは時々アズマイチゲが食べられているのを見るだけで、そんなにひどくは無い。
早くトカゲ君が復活して、大掃除、たのんまっせ。

鉢植えの小型のニリンソウももう少しだ。
[PR]
by Alpineflower | 2008-03-29 18:55 | 野草

山のアズマイチゲ。

d0025568_5181335.jpg

午後、遅くになってから、バタバタと山に行って見ました。
毎日の開花ラッシュでストレスは解消されているのですが少し気になって。
そろそろ、下が桜が満開ですから、山はアズマイチゲやカタクリも見ごろかとも思ってですね。
が、やはり気温が下がってしまっていて、日も差さず、アズマイチゲ君はお休み状態でした。

でも、言い訳ではないのですが、満開のアズマイチゲ君より私はこの形がすきなんですねー
ここの花は、葉の切れ込みが深く、一見キクザキイチゲのようですが、こうして寝ている姿はアズマイチゲそのものです。

ウラベニイチゲとも言われるゆえんもよくわかりますね。

もうすぐ日も暮れようという山中、静かな時間でした。
d0025568_5272930.jpg

アブラチャンかな?
d0025568_533871.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-03-29 05:27 | 野草
d0025568_510512.jpg

風に吹かれてあっち向いてホイ、こっち向いてホイの状態ですが、とりあえず開きました。
少し、ひょろひょろ伸びすぎた嫌いもありますが、急に暖かくなるので致し方ないところ。
それでも午前中ぐらいしっかり当てても大丈夫でしょう。

大事大事が過ぎるのは何でもよくないこととはわかってるのですが、
なかなか。。

アンバランスな姿・・・苔から花が飛び出すような雰囲気はいつ見ても楽しいですねー
[PR]
by Alpineflower | 2008-03-29 05:16 | 高山植物
d0025568_19572444.jpg

待ち焦がれていた開花である。
なるほど、やはり花は白だが、十字花。
その葉姿との取り合いはすばらしいものだ。

これはドラバの中でもかなりの一級品である。
まず今年は種とりだねー

花後、現在の4株がまとまっているのを分割するか、悩ましいところだ。
種が取れたら次もあるので、あえてやる必要も無いか・・・
d0025568_2020929.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-03-28 20:20 | 高山植物

タツタソウ

d0025568_1945842.jpg

メギ科の花、野草を好きな人なら一度は育てたことのある花である。
この株は大きな鉢にもう十年くらいそのまま植わっている。
肥料を花後たっぷりやっているだけ。
このことからも適当な場所さえあれば充分この辺でも地植えで育つということだ。
自生地ではどうなっているか知らないが、これも暑い夏は葉を落として休眠してしまう。
したがって育てるのはさほど難しいわけではない。

種からは発芽してもなかなか大きくはならず、施肥を充分して肥培させねば花が咲くまでは数年かかってしまうのは残念なところだ。
花の咲き方が違うのがあったり、アメリカタツタソウなどという名前で白花の花もあるということで、楽しみな花たちである。
したの画像は一昨年のもの、我が家ではないのだが、こうなることを理想としている、


d0025568_20158100.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-03-27 20:15 | 野草