「ほっ」と。キャンペーン

世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

秋の色 二題

d0025568_1053353.jpg

紅花のサンザシの実が枝先に残っている。
こういう風景は、もう冬も近いということを教えてくれるのだろう。
今日の雨はしっとりとやさしい。

植え替えをまた始めた。
小さな苗なのだが、根付くことを期待し、まだ続くであろう小春日和も期待して。
カンパニュラの子苗、シャジン類の子苗、おだまきたちの子苗。

種まきも一部はしないとまずいのだろうが、何となく遅れている。
雨のせいにしたくなるような
秋。



d0025568_1103490.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-27 11:01 | 四季
d0025568_15262334.jpg

リンドウとアサマリンドウとの交雑種である。
基本的にハイブリッドは強いといわれるが、これも非常に強い。
親株のアサマリンドウは今年はついに夏にやられたが、この子供は地植えのせいもあって、今咲き始めている。
親と同じような葉の形質を持った苗はほとんど全滅したが、一部親の形質を受け継いだこの花は元気に過ごしているのである。

花は各節間にすべてつき、アサマリンドウと同じ。斑点もよくわかりこれも同じ。
違うのは、托葉が顕著に大きく、普通のリンドウと同じ。花はスカイブルーとは言えず少しくすんでいる。内部の白い部分ははっきりと視認できる。



d0025568_1553446.jpg



d0025568_1555861.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-26 15:56 | 野草

オキザリス・xxxx

名前のわからないオキザリス、葉っぱは細くて、球根性、夏は寝ている。
花はごらんのようにピンクの大輪で、昨年園芸屋さんに行って何も買うものがなかったから仕方無しに付き合いで買ったもの。
それにしてはよくもって又咲いたねーー

ピンクのお嬢さん、あなたはだ~~れ?

d0025568_17252575.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-25 17:25 | 野草

秋色濃く

d0025568_20335331.jpg

秋明菊が見ごろです。

涼しくなった日を浴びて、穏やかに咲いています。
とても強い花ですが、中国原産のアネモネの仲間。
このところあちこちで、秋を彩る花として見かけますね。
[PR]
by Alpineflower | 2007-10-23 20:37 | 園芸種

センブリの開花

今年のセンブリは寂しい。
毎年の種まきを怠るとこうなってしまう。これを含め5株しかない。

種まきはこの仲間は冬を迎える前にしておかないと成績はよくない。
又発芽率も低いので、大量にまいても芽だしが少ないし、発芽しても二年後に開花までこぎつけられるのは、低地ではさらに半分以下。

しっかりとたくさん種を播かねば維持は難しい。
苗床もやはり、苔の上が一番である。

d0025568_20281052.jpg



d0025568_17465457.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-23 20:30 | 野草

クマガワリンドウ

生まれは九州熊本の球磨川であろうか。
花色が濃く、普通のリンドウよりもふっくらとしていて、見ごたえのある花である。
葉も細く、一緒に播いた笹リンドウよりはるかに細い。
すべての種まきの鉢から同じ花が出てきたので、形質的には安定しているように見える。

日陰でもこのような発色であるとはこれはいいリンドウだ。
庭の石の間にでも植えてみようか。

2005年の種まきである。

d0025568_20181254.jpg



d0025568_20192899.jpg



d0025568_20201328.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-23 20:20 | 野草

ジンジソウも開く

ジンジ 人字
ダイモンジ 大文字

同じ仲間のユキノシタ科。
どちらも文字に当てはめているのは此花の下の大きく伸びた二つの花弁のせいです。

ほのかに暗い谷で、白い花弁で書かれた文字に 一瞬、ほーっと頷くことがあります。

d0025568_954329.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-22 09:54 | 野草

一輪のウメバチソウ

d0025568_9351013.jpg

たった一輪、ウメバチソウが開いた。
セキヤノアキチョウジやムベの葉陰に夏の間じっとしていた花が、蕾を見つけてから約ひと月、やっと開いた。

よく見るのに意外と難しい普通のウメバチソウ。
これも確か、秋の由布岳からのお土産だったか。
鹿の飛び跳ねる牧場の隅に咲いていた花の種からだったと思う。
あれだけ、日陰に置いたのにそれでも葉焼けしてしまっているのは気難しいことを物語っているんだろう。

たった一輪、秋の朝日を浴びて開いていた。
[PR]
by Alpineflower | 2007-10-22 09:43 | 野草

ササリンドウ

ササリンドウという名前で種を播いていたが、咲いてみて、見る限り普通のリンドウと変わりはない。
花も。葉も。

それでも、秋を彩る花としてうれしい。

ひとつひとつが思い出の花なのである。

d0025568_982427.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-22 09:08 | 野草

ヤマラッキョウ

d0025568_8591528.jpg

目立たないけれど、秋には欠かせない花。
少し、大きめの体だけれど、どういうわけか、大好き。

この花は由布岳の花の種から。
今年初めて開きましたねー
紫色が濃く、いい花です。



d0025568_922860.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-22 09:03 | 野草