「ほっ」と。キャンペーン

世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ヤマガラ君

d0025568_11201976.jpg

お天気が良かった昨日、写真を撮ってみた。
カメラは好きじゃないようだねー

おっととーー
いつもと勝手が違うワイ、とばかり、及び腰のカメラ目線。
くわえて、悠然と品定めをするどころではないようだ。

なかなか止まれないおちびさんがいる。
今年生まれの子供のようだ。
周りがみんな勢いよく降りてくるのをじっと見ていて、エイットばかりに来るのだが、手前でUターン。かといって、横取りするほど強かぁない。
さてさて、こういうのが気になるものだ。
しばらくして、ヤット、止まれたーー
おなかすいたものねーー

今年は山の恵みが少ない。
どんぐりも本当に少ししか落ちていない。
この鳥たちもうまく冬を越せるのだろうか。
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-23 11:29 | 生き物たち

エナガ

d0025568_1671246.jpg

下で、ヤマガラたちが賑やかに饗宴をしている所にエナガの群れがやってきた。

ジュルリジュルリとこちらは可愛い声でにぎやかにさえずっている。
結構な群れで、ひさびさだ。今年の繁殖はうまくいったんだろう。
小さな鳥なので、望遠でもまだ小さい。もう少し近寄ってくれないかなーーと思っていたら、
ダンプが通って、みんないなくなってしまった。

残念。
もう少し遊んで欲しかったな。
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-18 16:12 | 生き物たち

ヤマガラ

d0025568_15515416.jpg

えさのひまわりの種が少なくなったお皿を、何か考え事をしているように眺めている。
うーーン、減ったな^

今時分、ヤマガラは一生懸命えさを貯めこむ。
だから、山盛りいっぱいあったひまわりも、あっという間になくなる。
畑の中、トタン屋根の隙間、岸壁の岩松の間、もちろん梢の小さな洞にも。
貯めこむこと、貯めこむこと
近頃はさらにどこか遠くへ持っていくようだ。

が、回収率は低そうだよ。
あちらこちらから芽が出てくるからねー
種まきしたトレイなんて、隅っこからひょこひょこ出てくる。

今日は、えさを少なくしてみた。
先日から、3羽ほどが、手に止まってえさをもらっている。
残りのはそのおこぼれをもらいに足元でうろちょろ。手に止まるほどの蛮勇は持ち合わせていないらしい。
で、みていると、トレイの土を穿り返しはじめた。
どうやら、貯めこんだのを覚えているらしい。まんざら馬鹿でもないわけだ。
くちばしで、器用に、土を遠くへ弾き飛ばしている。
おいおい、播いた種が・・たねが\\\
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-18 16:12 | 生き物たち

ヒマラヤのトキソウ

d0025568_17323752.jpg
秋に大きな花を咲かせるとは、粋なものだねー
色も白。
リップに黄色の模様が入り、それとなく主張。

以前より、目にしていたが、さほど気にも留めていなかった・・・
が、花のない時期、正直なもので購入してしまったもの。

このてのバルブは凍結を非常に嫌うものだ。ヒマラヤとは言うものの、暖かい高地であろう。

うまく来年も咲くのかはわからないが、とりあえず我が家へ興しいれ。

Pleione maculata
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-14 17:48 | 野草

ムラサキセンブリ

d0025568_17125064.jpg

小さな、小さな種から今年もよく咲きあがった、ムラサキセンブリ。

センブリの中では一段と高貴な雰囲気をかもし出す。
紫はそんな色。

一年草で、秋、又は早春に播いた種から、このように見事に咲く。
一年草は面倒だなーと思っていたがどうしてどうして、こんなに楽な花もない。
植え替えもせず、播いた鉢から、見事に咲く。

昨年、種がお嫁に行った先でも咲いているのかなー

Swertia pseudochinensis 
リンドウ科センブリ属

d0025568_17264596.jpg

d0025568_17274679.jpg
d0025568_17285959.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-11-14 17:29 | 野草

オキザリス

d0025568_1840973.jpg
もともとがそんなにオキザリスを好きというわけではないが、
久々に立ち寄った、お店で買った。
どうも、立ち寄ると何か買わなければということになる・・・・(お茶が出るんだよねー)

このところ、買うものはないのにね。

名前がわからない。
これが一番いやだ。

花は可愛いのに。

オキザリスの球根性はなかなか夏越ししない。
こんなんが、庭を脅かすわけはないのだよ・・・
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-09 18:46 | 野草

ムラサキセンブリ

d0025568_1822292.jpg
もう少しで咲きそう。

それにしても大きな蕾だねー
(いや、せんぶりのなかまでは)
一つの蕾は真ん中が膨らんで、今にもパカッと開きそう。
で、これは合弁花なんだってさ。
うん、確かに、はらはらと散らない。
花びらの根元で合わさっているようです。

アー、早く咲かないかなーー
咲くまではいつも楽しい。
もちろん咲いても当然なんだけど。
でもやっぱり、咲くまでがいいねーーーー
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-09 18:27 | 野草

南アフリカの花

d0025568_1881995.jpg
Polyxena corymbosa  ポリキセナ・コリンボサ
2003年ごろに種を播いたのではないかと思うが、やっと咲いた。
昨年、この白をそうとは知らずに頂いたのだが、不思議なものだ。

というのは、実はこれは、ポリキセナとして播いたものではないからだ。
何を隠そう、てっきりプリムラだと思っていたのだ。私はプリムラの種を頼んだつもりが、どうやら同じPで始まる花になったみたい。
発芽してきて、えっ、これでプリムラ??と思ったことを覚えている。その後、すぐに葉が枯れて、あーーだめだと・・
が、ほおっておいたら、また冬に芽が出てきた。なにこれ??まいいか。。。。
で、昨年、白花をもらい、あれ、なんか同じ雰囲気だよ・・・
でも咲かないねー
よっしゃ肥料をやっか・・・・

なんとも、頑張りましたねー

可愛い花です。
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-09 18:10 | 野草

秋の日

d0025568_22184069.jpg

d0025568_22193853.jpg
d0025568_22204041.jpg

山の秋の日はもうすぐおわり。
青空がきれいでした。
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-05 22:22 | 四季

残り花

d0025568_12475745.jpg
11月の山なのに、マツムシソウが残っている。
草陰の、漏れ日の当たる紫色が不思議にきれいだ。

同行のkさん、持ち前の観察眼ですばやく発見。
花のたくさんある頃に一緒に歩いたら楽しいでしょうねー

昨年播いた櫛形山のマツムシソウは今年はロゼットのままでした。
来年の秋に咲くのでしょう。
ライフサイクルはちょうどセンブリと同じ感じなのかも。
タカネマツムシソウも大きくなっています。
楽しみです。
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-05 12:48 | 野草