世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

のんき者のシマシャジン

d0025568_21234245.jpg


今年はもう咲かないのかなと思っていたシマシャジンがいまごろ開花した。
とはいっても、ぜんぜん伸びないで、ちんまりとしている。

色はいい、花も長男に比べて自生の花に近い。
が、時期が悪すぎだ。

来春もう一度咲くんだろうねー
いずれにしても、コンパクトで咲くため、雰囲気はいい。
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-29 21:24 | 野草

秋色

d0025568_22594232.jpg

ドウダンの紅葉が始まった。
なかなか素敵な色である

秋の日差しが心地よく、穏やかな秋を実感させてくれる。

今日は特に何があったわけではないのだが、いい日だった。
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-27 23:05 | 四季

ジンジソウ

d0025568_18571961.jpg
ユキノシタの仲間って、花を見ればすぐわかる。
ダイモンジソウより低い山に咲く、ユキノシタの仲間。

ダイモンジが大文字ならジンジは人字
下の花弁が大きくて、そうなったんでしょう。
葉が特徴的で、一目見てわかります。
毛のいっぱいついた、モミジッパですねー

わが作業所の前に咲くこの花は川の上流より運ばれて居ついたのか、誰かが連れてきたのか
毎年、律儀に咲いてくれる。

ジンジソウ
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-25 19:02 | 野草

コウヤボウキ

d0025568_18454339.jpg


d0025568_18522627.jpg

秋の花としては、ごくごく定番ではあるけど、なかなか趣のある花をつける。

茶花には最適かな。

箒の代用には果たしてなるのだろうか。
そんなのは余計な考えだよといわれそう。

コウヤボウキ(高野箒)
キク科コウヤボウキ属
Pertya scandens
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-25 18:54 | 野草

リュウノウギク???

d0025568_18364392.jpg
葉っぱを揉んでもあの独特のにおいがない。
が・・・
そっくりさんなのである。

菊の仲間は花を分解したりしないとわからないものが多い。
本当に困ったさん。

山道に、まるで栽培種のごとくたわわに咲いていました。

さて、なんでしょう。
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-25 18:39 | 野草

ヤクシソウ

d0025568_1825363.jpg

山道のところどころでヤクシソウが盛り上がるように咲いている。
この花はこんな風ににぎやかに咲くのがすきなんだ、と思う。
先端の少しのところだけ眺めてみるが、なかなか思うようにいかない。

おっと、いくらゆっくりでも、追いついてきたかな。
後続のおじいさんは78歳。まだまだ元気。

ヤクシソウ(薬師草)
キク科オニタビラコ属
Youngia denticulata
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-25 18:31 | 野草

アサマリンドウのブルー

d0025568_17451426.jpg

この色。

一年ぶりのこの色だけど、やっぱり最高。

高山性のリンドウは概して栽培が難しく、花をつけることもままならないが、このアサマリンドウはそんなこともなく毎年きれいな花を咲かせてくれる。
秋の気配がいっぱいに満ちてくる気がするのはなんとなくうれしい。

我が家の奥さん、仕事の合間にこの花を眺めて少しはリフレッシュしたかなー

アサマリンドウ(朝熊竜胆)
四国、紀伊半島に産する
リンドウ科リンドウ属
Gentiana sikokiana Maxim

d0025568_18173036.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-10-25 17:56 | 野草

我が家のセンブリ

d0025568_17345082.jpg

昔から、ずっと育てているセンブリ。
でも、心なしか少し減ってしまったね。
二年かかって咲くから、しっかりかまってやらないとだめさ。

コケの下に有機肥料を入れたやったら、少しだけ元気になった。

やっぱり、コンパクトに咲く姿は捨てがたいなー

昔から、ずっと、この地で育ってきたもの、大事にしたいです。
みんなに聞くと、子供のころは、あそこにもここにもあったんだよって、必ず答えが返ってくる。
なぜ、消えたの?
誰も答えない。
わからないなー

昔の人は種が飛んだあとに薬用にとったんですよね。
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-25 17:43 | 野草

ヒメラッキョウ

d0025568_12291680.jpg
小さなラッキョウの花であるが、白。

アムール川とか中国の東北部のほうに自生の種であるらしい。
ロシア語はわからないね

千島ヒメラッキョウというのもあるようだがよくわからない。

白い花は珍しいので、手にとってお持ち帰りである。
近頃、お持ち帰りは非常に少なかったので、なぜか楽しい。

もう少しでイトラッキョウも咲きそうだ。
こちらは紫。

そういえばアリウムなんたらというのが芽を出していたなー
ダブったかな
小さな鉢に植え替えてやりました。

和名 ヒメラッキョウ
Allium anisopodium Ledeb
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-18 12:37 | 野草

ノコンギク

d0025568_1211398.jpg
どこをみても、どこをあるいても
この時期は、ノコンギクの花が目に付く

だけど、なかなかきれいな花にはお目にかからないのは不思議。

夕暮れ時の花が少しきれいだったので


ノコンギク
キク科 シオン属 
Aster ageratoides var. ovatus
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-18 12:14 | 野草