「ほっ」と。キャンペーン

世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アキノノゲシ

d0025568_1013503.jpg
草姿からは、まったく風情を感じないのだが、咲いた花はいいねー

毎年の秋、

どこかで出会うことが出来たら、ちょっと幸せかもしれない。

アキノノゲシ
キク科アキノノゲシ属
Lactuca indica var. laciniata
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-28 10:23 | 野草

キツネノマゴ

d0025568_1023145.jpg
小さな花。
ゴマではなくてマゴか。
孫なんだろか。

よくわからないネーミングだ。
今年は目に付く。

草刈をまじめにしてないからかな。

道端の小さな花です。

キツネノマゴ
キツネノマゴ科キツネノマゴ属
Justicia procumbens
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-28 10:07 | 野草

アキチョウジ

d0025568_15422058.jpg
これはアキチョウジである。
このへんではセキヤノアキチョウジが自生しているがこの花は西日本だけ出そうな。

昨年の秋播きであっという間におおきくなった。
と、もう咲いている。

この花はピンク色。
蕾のときはリップが黄色だねー

アキチョウジ
シソ科 ヤマハッカ属 
Rabdosia longituba
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-26 15:46 | 野草

ヤマホトトギス

d0025568_15352214.jpg
この辺の山はみんなこのヤマホトトギスである。

川向こうは普通のホトトギスが咲くが。

いつも、彼岸のお墓参りにこの花に会えるのを楽しみにしている。
下草刈りで一度は刈られるが、また茎を伸ばし花をつけるたくましさと、可憐さ。

ヤマホトトギス
ユリ科ホトトギス属
Tricyrtis hirta
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-26 15:39 | 野草

ママコノシリヌグイ

d0025568_15273110.jpg
花だけ見れば遜色のない可愛い花だが、しりをぬぐったら痛そうなとげが一杯。

おいしい葉なんだろうか?とげで武装しなければならないほど?

急に風が吹き、雨が本降りになってきた。

秋の雨はいつもさみしい。

ママコノシリヌグイ
タデ科 イヌタデ属 
Persicaria senticosa
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-26 15:33 | 野草
d0025568_153711.jpg
一昨年種まきしてあったものが、今年開花。
キイジョウロウホトトギスより全体的に小ぶりだが、花はしっかりとしたいい花である。

多分、丹沢山塊の谷川沿いに見られる花なんだろう。
希少種とのこと。ただ種からの栽培は容易。

ここでは,沢沿いの木陰に置いておいたので、たいした葉やけもぜず、沢山の蕾をつけている。



d0025568_1591093.jpg
花の内側はこんな風にホトトギス模様。

下向きのシックな花姿。

サガミジョウロウホトトギス(相模上臈杜鵑草)
ユリ科ホトトギス属
Tricyrtis ishiiana(Kitag.&TK.)Ohwi&okuy.
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-26 15:25 | 野草

編笠山&権現岳

d0025568_21554779.jpg
週末登山も連続6週目になった。
自分ながらよく続くと感心。

八ヶ岳の編笠山と権現岳を南の観音平からいって来ました。
例によってカメラをたすきにかけてのいでたちながら、今回はあまり花がなくただひたすらの登り。
出だしのツリガネニンジンがきれいでしたが、どうもあまり天気がよくない。



d0025568_22131697.jpg
ササとシラビソン林のところどころには定番のヤマトリカブトだけ。

ここは季節もあるが花の少ない山のようだ。
ひたすらに高度を稼ぐ。



d0025568_2216074.jpg
2時間ほどで山頂。標高差はちょうど1000m。いい汗が出ました。
眺望は残念ながら雲が多く、さえないねー


d0025568_22191772.jpg
青年小屋までのくだりは石楠花が一杯。
足元にはゴゼンタチバナの赤い実がきれいでした。



d0025568_22213280.jpg
青年小屋からの登り返しにはオトギリソウがぽつんと。
不思議な感じです。



d0025568_22232948.jpg
のろし場からのギボシはガスってます。
ちょっと先が見えないが、ま、問題ないでしょ。



d0025568_2225895.jpg
タカネナデシコです。
この花が唯一、よかったですねー


タカネナデシコ
ナデシコ科 ナデシコ属
Dianthus superbus var. speciosus



d0025568_22294649.jpg
ガスの中の山頂の岩です。
山頂らしからぬ山頂。



d0025568_22355065.jpg
さびた矛が天に向かって斜めに刺さってましたが、修験道の名残でしょうね。
狭い岩の上には座り込んだだけで、立つのはやめた。


d0025568_2237652.jpg
こちらは赤岳方面
ガスが次から次に沸いて、いかんです。


d0025568_2239861.jpg
ギボシの頭の3体の石像
雷の神様だそうな。
ここのほうが山頂らしい。
ここでカメラはしまって、一路下山でした。
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-23 22:45 | 登山

キレンゲショウマ

d0025568_1157541.jpg
春遅くに花芽を虫に食われて、どうなるかなと思っていたら、沢山の蕾をつけ、いつもよりずっと遅く開花した。

この花はウリハムシの大好物。毎年、いやになるほど飛んでくる。
蕾から、花からボリボリ
穴だらけの花はとても見るに耐えないが、今年は蕾の数が多いので、中にはきれいなままで開いたものがあった。

もっと遅く咲かせてもいいかもしれない。
摘心が有効

家庭菜園をお持ちの方はウリハムシに注意
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-19 12:03 | 野草

金峰山

d0025568_1405835.jpg
金峰山の象徴、五丈岩です。
残念ながら矢印のところまでしか登れませんでした。
てっぺんは覗いてきましたけど。
もう少し軽くしないと、腕が持ちません!!

八ヶ岳を登り始めた先月から一ヶ月。
体は軽くなり、足も戻ってきましたが、まだまだ重いということを実感。

この五丈岩、夕日を浴びて金色に輝くのが甲府盆地より遠望できます。
金の峰の名のごとく金色に輝くさまを見ていつか登りたいなと思っていた高校生時代でした。
瑞垣山荘からの登りの3時間は自分ながら驚き。



d0025568_14102451.jpg
森林地帯の登山道の両脇は見事な石楠花林。
花時は一見の価値がありそう。
すべていわゆる本石楠花でしたね。


d0025568_14124568.jpg
これはオニノヤガラの結実株でしょうか。
コケの中からすくっとたっております。
ヤガラとは矢幹のこと。
なるほど。魚でもヤガラがいる。


d0025568_14223053.jpg
これはなんだっけ
コツラの仲間かなー
見た事があるんだけど名前が出てきません、困ったものだ。

大日岩の基部に咲いてました。


d0025568_142532.jpg
で、稜線ではこの姿。
シラビソがまるで盆栽のごとく形よくおさまっています。     
自然が作り出した傑作でしょうねー



d0025568_1427555.jpg
で、例によって証拠写真


d0025568_14291637.jpg
知らないうちに傾いてましたが、遠くに富士山が望めます。
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-18 14:32 | 登山

アップ

d0025568_1749102.jpg
サンイントラノオのおしべの色がきれいで
アップしてみました。

だけど、手持ちだから、浅い。

クリーム色の葯がいいでしょ。
なかなか楽しい花です。
[PR]
by Alpineflower | 2006-09-15 17:52 | 野草