世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー

<   2006年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

シックな黒い装い。
銀色の産毛に包まれて、まっすぐ立ち上がる姿は毎年のことながら、素敵だ。

こんな花が咲いている地方を旅して歩くと、本当に旅人になった気分であろうか。

栽培は容易。
ただ成株はほとんど市場に出回らない。
地道に種を播くこと。

Pulsatilla pratensis
キンポウゲ科オキナグサ属

東ヨーロッパ

d0025568_19281162.jpg

d0025568_19482961.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-03-28 19:49 | 野草

キスミレ

d0025568_1916478.jpg


阿蘇など、高原を代表する花。
朝ドラの由布岳の牧場もこの花が咲くらしい。
富士山ろくの朝霧高原にも咲くとか。

夏は葉を落とし休眠してしまう。
スミレにしては植え替えを好むし、乾燥にも耐える。
強くて可憐で、一昔前の・・・・か。

日を浴びてのびのびと小さな体から咲かせる花は春が一杯。

キスミレ
スミレ科スミレ属
Viola orientalis
[PR]
by Alpineflower | 2006-03-28 19:36 | 野草

ニリンソウ

ツマ紅の優しい花が開いた。

鉢から、庭のすみに植えたのは昨年。
今年はたくさんの花が上がっている。

母が、その昔仕事場の沢に咲いていたのを一輪移したもの。
とても大事にしていて、咲くといつも喜んで、そのころの話をしていた。

そのころと変わらぬいい花を見せてくれてうれしい。
この一角は雪割草、ササユリ、えびね、ニリンソウ、イチリンソウ、セツブンソウ、キバナノアマナ、ヤマエンゴサクと、少しずつだが地植えが増えている。
春が楽しみな場所になってきた。

ニリンソウ(二輪草)
キンポウゲ科イチリンソウ属
Anemone flaccida

d0025568_19133230.jpg

 
[PR]
by Alpineflower | 2006-03-28 19:13 | 野草

スミレ

久々に見るスミレ。
これはいわゆるマンジュリカとはすこし葉の様子やら違うようだ。

スミレの類は検索してもよくわからないので、怒られるかもしれないが、野のスミレということで。

d0025568_18485268.jpg
[PR]
by Alpineflower | 2006-03-27 18:52 | 野草

カイコバイモ

やっと出会えた。
甲斐の国の甲斐がつく花の代表種。
なかなか出かける機会がなくいたが、思い立って今日は探してみた。
探しあぐねて、ふと休んだ場所の横に、思いもかけずあった。

感激の出会い。
よかったねー

イズモコバイモによく似ていて、優しい花姿だ。
里は桜の季節に突入している。

カイコバイモ
ユリ科バイモ属
Fritillaria kaiensis Naruhashi

d0025568_18313947.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-03-27 18:31 | 野草

フリチラリア

バイモと呼ばれる仲間であるが、実にしぶい。
春早くに咲き始め、初夏には姿を消す仲間である。
まだ緑が少ない山の中にたたずむ姿は、想像するに穏やかなものであろう。

球根を購入したのだから、咲くのは当然であろうが、それでも開花はうれしいものである。

Fritillaria kurdica

d0025568_9271437.jpg


Fritillaria carica

d0025568_9292891.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-03-27 09:28 | 野草

山草棚

この時期、こうやって目の位置を下げ棚を眺める。

昔、山野草の本に、いろいろなキンポウゲの咲き乱れる棚の写真を見て感動したが、
少しでもその雰囲気が自分の棚にあればいいなーと思う。

今はコリダリスだけど、もう少しするとプルサティラ、オダマキ、ラヌンクルスがさく。

少しは近づいたかなー

d0025568_19182565.jpg


d0025568_19185335.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-03-24 19:19 | 四季
d0025568_18534799.jpg


屋久島にあるのだろうが、みたわけではない。
小形のショウジョウバカマで、花は白く、根元に薄紫を帯びる。
基本的に丈夫な花で、種でもよく増える。
あまり、たくさん群生させず、一二本が平鉢から立ち上がるようにすると春の雰囲気が出るであろう。

この花の咲き始めはいつも、感心して眺めてしまう。

ヤクシマショウジョウバカマ
ユリ科
Heloniopsis orientalis var. yakusimensis 
[PR]
by Alpineflower | 2006-03-24 19:00 | 野草

ヤシャビシャク

少し高い山のブナなどの洞に見つかるまれな植物である。
花は、黄緑色の目立たない花を春先につけ、毛の一杯ついた小さなキウイのような実をつける。
食べるとおいしいというが、まだ試したことはない。しかし、とてもおいしそうなにおいのすることは事実である。
多分、鳥が種を運ぶのにいいようにできているのだろう。

よく発芽する。
なかなか大きくならないが、そんなに栽培が難しいわけでもない。
が、なかなかおもしろい。

ヤシャビシャク
ユキノシタ科
Ribes ambiguum Maxim.

d0025568_18511942.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-03-24 18:51 | 木々

ヒメウズ

ウズというのは烏頭・・トリカブトの根のことを言うらしいが。
これはフウリンオダマキと同じセミアクレギア。

いつからか庭で見かけるようになり、今では春先の定番。
ただ、毎年のことではあるが雑草として抜かれる。
それでも、生き残るのであるから繁殖力は強いのだろう

優しい花をつけるが、丈がもっと小さければと惜しむ。

ヒメウズ
姫烏頭
キンポウゲ科ヒメウズ属
Semiaquilegia adoxoides

d0025568_18322466.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2006-03-24 18:32 | 野草