世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ノイバラの実

なんとなく、いつも眺めているような懐かしい気分の実が出てきた。

石垣の上からたれているこのバラは刈るに刈れず、そのままになっていたものだった。
何かが食べるような雰囲気ではないけど、一応実であろう。
あっち向きこっちむきでなんとなくたのしい。

撮影 山の庭
d0025568_7135515.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-12-06 07:13 | 野草

山茶花

もう今年も、こんな時期になったんですね。
冷たい雨に山茶花が咲いている。
時折白いものが混じっている。

冬が、来ました。

山茶花

撮影 山の庭

d0025568_6571446.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-12-06 06:57 | 園芸種

イソギクの不思議

野草なのだけれど、庭に植えられてきて久しい。
出窓の下のスペースに植えてあるが、手入れもせずによく咲いている。
花弁のほとんどない花ではあるが、今年はこんな花が咲いた。

おやおやと眺めている。

下が普通の花(というか、いつもの花)

花弁が大きくなってしまった。
葉の形も違うから、そばにあったほかの菊と交雑したのかもしれない。
これはこれで、かわいい。

イソギク
キク科
デンドランテマ属

Dendranthema pacificum

撮影 自宅庭

d0025568_6481843.jpg

d0025568_6484328.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-12-06 06:49 | 園芸種

白頭山ヒナゲシ

北朝鮮と中国の国境にある山、白頭山。
そこのヒナゲシなんだろうか。

苗を求めて、その後種で維持しているが、リシリヒナゲシにそっくりである。
少し大きいかもしれない。
苗播き床に播きっぱなしで、夏を乗り切った。
大敵はアブラムシだったが。

もう蕾らしきものが覗いている。
春先にはいい花が見られそうである。

ハクトウサンヒナゲシ
(多分、日本名ではない)
パッシーノとでもしておくのか?

撮影 自宅庭

d0025568_091950.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-12-05 00:09 | 高山植物

忘れかけたホオズキ

山の庭の隅に、柿の木がある。
青柿で、今はもうほとんど利用することのない柿であるが、ここの語り部だろう。
火事にあって、丸焼けになったときの傷が今も残っている。片面は炭になっているのだ。

その木の根元にほおずきがあった。

昔の人が植えたのだろか。
赤い実がぽつんと残っている。
庭に放すと、とんでもなく繁殖するこの花も、冬枯れの中にあると、どことなく寂しさが漂う。

ホオズキ
ナス科ホオズキ属

撮影 山の庭

d0025568_16535139.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-12-04 16:53

道祖神

だったかな?
山の神かな

山の集落の道端にある小さな祠。

5月の雨に打たれたときが、一番きれいだ。
今日は氷雨。
d0025568_16382315.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-12-04 16:38 | 四季

ツルリンドウの実

冷たい雨が、霙をまじえて落ちてくる。
今日は寒い一日だ。

ツルリンドウの実が気になって、山に出かけてみた。

枯葉の中に、本当に目立つ存在だ。
こんなに目立って、どうするんだろう。
鳥が食べるのかな~
もう少しするとロゼットだけになって、枯葉の中に今度は青い葉っぱが目に付くようになる。
花は目だないのに不思議なものだ。

ツルリンドウ
の実

撮影 自宅 山

d0025568_16353631.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-12-04 16:35 | 野草