世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:四季( 62 )

秋の色 二題

d0025568_1053353.jpg

紅花のサンザシの実が枝先に残っている。
こういう風景は、もう冬も近いということを教えてくれるのだろう。
今日の雨はしっとりとやさしい。

植え替えをまた始めた。
小さな苗なのだが、根付くことを期待し、まだ続くであろう小春日和も期待して。
カンパニュラの子苗、シャジン類の子苗、おだまきたちの子苗。

種まきも一部はしないとまずいのだろうが、何となく遅れている。
雨のせいにしたくなるような
秋。



d0025568_1103490.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-10-27 11:01 | 四季

d0025568_710480.jpg
朝から、雨の音が恨めしい。
台風が過ぎた後、変なコースを走ったものだから、再び梅雨前線の復活だ。

雨はもういい。

屋根下の乾燥大好きな植物たちにも、細かな霧となって雨が覆う。

雨はもういいのにね。

元気なのはサトイモだけか。

子供たちのキャンプがこの週末にある。
もうお役ごめんになって4年だ。にぎやかな声が懐かしい。
川を堰きとめて、毎年作る谷川のプール、冷たくて、カジカがいて、うなぎもいて、あゆや、山女もいる不思議なプールが、この台風で、流されてしまった。
また作らなければならないのだが、川の増水はこの雨では収まらないだろう。
さて、今年の役員はたいへんだ。

畑のニガウリの花がポツンポツンと咲いている。
スーーと伸ばして、ポッと咲く、その姿が面白い。
花の咲き方、音に表現できたら面白いかも。

一気に開いて、蕾の皮を脱ぎ捨てるヒナゲシは、まさしく  ポンッ
他はどうだろか。
[PR]
by Alpineflower | 2007-07-17 07:22 | 四季

野菜を作る

少しだけど、野菜を作っている。
でも、動機はちょっと不純かなー。

一つ、自分の好きなもの。
一つ、酒のつまみになりそうなもの。

これが選定基準

したがって、積極的に食べたくはないサツマイモ、人参、はつくらない。

作るのは

サトイモ。
昨年作ったけど、これがめちゃうまい。
小さいのを塩茹でして、つるっと食べたら、ビールは最高!!
また、けんちん汁、等々、やっぱり、無農薬有機栽培っておいしいのだよ。

紫たまねぎ
うまい。スライスして、朝のサラダはうまい。
少ししか作らなかったのは失敗。今度の冬は密植じゃ。

アブラナ。
この花芽が最高!昔からの品種で、母親が大事にしていた種。
買ってきたものより数段うまい。
真面目に播こう。

トマト
今、中型のトマトがいい。
ミニより少し大きいが甘くて、食べやすい。これも朝のサラダ用

きゅうり
地バイという昔からの品種はなんとも傑作な味。

なす。
水なすを作ってみたいがねー
とりあえず、焼きナス用。

ねぎ。
やはり最高にうまい。ねぎってこんなに味が違うのかと思えるほど。

にがうり。
ゴーヤチャンプルは夏の定番

で、
今年の試しては落花生。
当然茹で落花生で、一杯。
順調に育ってますよ。

来年は当然だだっちゃ豆でしょ。

d0025568_18443216.jpg
落花生の花
[PR]
by Alpineflower | 2007-07-13 18:47 | 四季

岩手の温泉

d0025568_17514697.jpg

岩手県の温泉はすばらしい。
というか、私の波長にピッタシ。

岩手県のお人柄もとてもいいですね。
今回、車のトラブルから、いろいろな方のお世話になってしまいました。
ひょんなことから、岩手の温泉にとまることとなり、またまた岩手の良さに触れてしまいました。
岩手山の上に広がるすばらしい青空のごとく、楽しい数日間を過ごしたことは今年の大ヒットです。

ここは、一日目に過ごした鉛温泉の籐三旅館。
昔の旅館、タイムスリップした感じがそのままのすばらしい旅館でした。

お湯・・・白猿の湯(桂の湯)
戸を開けると、10mほど下に長円形をした湯舟が見えます。
そのふかさ、1.4m。立ち湯です。
底の中央付近から自噴?していてざーと流れていくのは本物のかけ流し。
この旅館には自炊部と旅館部とあり、自炊部の一角にこの風呂がある。すなわち、湯治のための湯であることがわかる。

体を湯船の壁に寄りかからせてゆったりと入っていると、なーんか、頭の中が空っぽになってしまった。
空っぽの頭についている目を開いて上を見ると昔の木造のままの湯気抜きが見える。


ちなみに、混浴であるが、レディスタイムが設定されていて、女性も存分にお湯を楽しめるのは非常に良いことだ。
そしてここは石鹸、シャンプーは使えない。
ただ、湯に入る、出る、入る、すなわち湯治である。
体を洗うのは、いったん出て、すぐ向かいの今風の露天風呂付きの風呂になる。ここもまーまーなのだが、まずまずなのである。
ということで、都合3回、この風呂に入ってしまった。私にしては珍しいこと。



----------------------------------------------------------------------------------------------
d0025568_17584010.jpg

二日目は八幡平のカントリーハウス ビーバーさん。
アットホームなんですけどね、お料理とお風呂はアットホームではないのです。

お料理・・・・楽しい、おいしい・・・同じ人に同じものは出さないということです。
アスパラガスのムース、しし唐の冷スープ。。。あと、なんだっけ・・・・
それと前沢牛の焼肉・・・やわらかくて、とろけるようでした・・

お風呂。・・・・・内風呂・ひろくはないですよ、でもびっくり。湯船まで、エントランスが・・・・
空間をとても大事にしておりますねー
外の露天風呂・・・ウグイスと、カッコウの声に聞きほれての高原の露天風呂は、熱いここのお湯で、最高潮。

喫煙する方のための喫煙ルームが、一部屋つぶして作られてました。。。
ここにもオーナーの気持ちが表れてますね

帰りは、こうやって記念写真。
車で、帰るまで見送られて、感激でしたねー


d0025568_18144032.jpg
可愛いお嬢さんがつんでくれたマーガレットは帰りの新幹線を通して我が家まで、奥さんがつれてきました・・


180度異なる宿でしたが、どちらもとても楽しいものでした。
[PR]
by Alpineflower | 2007-07-06 17:55 | 四季

八幡平の風景

d0025568_1832282.jpg

茶臼岳


---------------------------------------------------------------------------------------------
d0025568_18312273.jpg

湿原の流れ



----------------------------------------------------------------------------------------------
d0025568_18292825.jpg

八幡平を望む


----------------------------------------------------------------------------------------------
d0025568_18362089.jpg

木道をウオーキング中のうちの奥さん


----------------------------------------------------------------------------------------------
d0025568_18423934.jpg

何とか池
[PR]
by Alpineflower | 2007-07-04 18:43 | 四季

久々に

d0025568_11512970.jpg

仕事の連続から帰ってきたら、もう、花は終わりかけで上を向いている。
が、いい花が咲いてくれていた。
うれしいことだ。

高さはわずかに10cm前後。ブルーの距の長いいい花をつける。株が大きくなることを期待したのだが、去年より作落ちである。注意、注意

Aquilegia scopulorum
[PR]
by Alpineflower | 2007-05-14 11:56 | 四季

棚の様子

d0025568_17525495.jpg
よくもまーごたごたと並べたものか・・・


d0025568_17533771.jpg
こうして写真にするとそのごたごたがよくわかる。


d0025568_17543923.jpg
こちらはオダマキゾーン。
[PR]
by Alpineflower | 2007-04-28 17:57 | 四季

空知コザクラ

d0025568_1293550.jpg

空知とは北海道の真ん中
芦別岳やら、夕張岳、懐かしい山々の名前がでてきます。

空知地方は雨・・
天気予報の声も聞こえてきそう。

ソラチコザクラ
綺麗な端正な細型の花びらが特徴で数年前までは我が家の春をにぎやかに彩ってくれてました。なくなって、寂しい思いとがっかりと。
今年は再挑戦。タネを少し頑張ります。
毎年、春先の植え替えさえ怠らなければ消えることのない花なんですが。
[PR]
by Alpineflower | 2007-04-17 01:34 | 四季

雨の音

d0025568_0564174.jpg
真夜中に、雨の音が大きくなってきた。
春の雨は、楽しい。
この音とともに芽吹きがまた一段と、山を明るく変えていくのだろう。

名前のわからぬ花が面白い花をつけている。
虫取りナデシコと同じく、花の下に粘粘があり、くもさんがつかまっていた。
これってどうなるのだろうか・・・


d0025568_1433100.jpg
[PR]
by Alpineflower | 2007-04-14 01:05 | 四季

ツバメの到来

d0025568_188594.jpg
激しい嵐とともにツバメが南から我が家にやってきた。

それより前に、低気圧のたびに寒空の中、北へ向かう燕を垣間見ていた。
あのツバメたちはもっともっと富士川の上流に向かうのか、それとも信州に向かったのか。

巣の中に陣取り、盛んにメスを呼んでさえずっているのは、ここから出て行った子供かな。
親の夫婦はどうなったんだろうか。
いろいろな思いが巡るツバメの到来であった。

花はシコクカッコソウ。
どこかで生き延びていて、見つけては鉢上げしたもの。咲けばいとおしい。
[PR]
by Alpineflower | 2007-04-02 18:25 | 四季