世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:生き物たち( 44 )

やっと涼しくなってきた。
今日は夕立はなさそうかな。

すさまじい暑さで、頭の中身が溶けてきそうだった。
ヒグラシの声にほっとする。

庭に生まれでたトンボたちは、全部で何匹になったんだろうか。
そのうちの4匹が、庭に居ついている。
先日の、小さなのだが、プリムラの棚に一匹
縁側のしたの置き場に一匹
山ぼうしの根元に一匹
そして、ホトトギスの枝に一匹である。

トンボたちは、それぞれに小さな縄張りを作っているようである。
5m四方の小さな縄張り。

うん、なかなかいい。
何がいいかというと、蚊をとってくれるのである。
おかげで、このところ、藪蚊にやられない。
あの、まだら模様の大きいやつにやられると、とてつもなく痒いから、
これは、非常にいい。
[PR]
by Alpineflower | 2005-08-05 18:33 | 生き物たち

我が家の小さな水辺

d0025568_19342633.jpgトノサマガエルがすみ、ヤゴがいる。
タニシがヘドロをきれいにしてくれて、タナゴもいるはずである。

おたまじゃくしは見たことがないが、毎年、小さなかえるがぴょこぴょこ飛び歩いているから
たぶん、いたんだろう。
ヒメダカは、食べられたらしい。
子供たちが、タイコウチやゲンゴロウを捕まえてきていれたり、
在来のめだかを入れたが、繁殖はしていない。
ヤゴが強いのか

植物は、昔の睡蓮と、頂き物の八重オモダカ。
その年により、ほとんど咲かないときと、よく咲くときがある。
白の八重のオモダカは、場違いのごとく清楚だ。

この池が突然水位を下げ始めている。
どこかが、割れたようだ。
大雨が来ると水位は回復するが、照りが続くと見られたものじゃない。
毎朝、水を補充している。
2度目の存続の危機である。

一度目は、奥さんが落ちたとき。
流れ星を見るといって、お・ち・た。
なだめて事なきを得た。

二度目の今回はちょっときびしい。
じい様が、朝の日課のウサギのえさやりに行くのに足元が危ないのである。
そこにもってきて、この水漏れである。



そんな、水辺から、今度は小さなトンボが生まれた。
やさしい、いつものトンボである。
d0025568_19335012.jpg
[PR]
by Alpineflower | 2005-07-30 19:36 | 生き物たち

台風一過

暑い!
でも乾燥はしているので、風は心地よい

パタパタと倒れるものがでてきている。
すべて難物の類。
しかし、2年目、3年目でなぜこうも簡単にいくのか??
うーむ
一部仕事場に引越しをしよう。

本を買った。
洋書
Aquilegiaに納得がいかないもので。

『Alpine plants of NORTH AMERICA
NARGSが絡んでいるらしいけど。

まずまずの説明がある。

もう一つ買ったら。これは日本の作者だった~~~
なんと、日本語版で買えばいいのにねー ばっかみたい
うちの奥方・・横向いてた・・
果たしてあれは、あきれていたのか、笑っていたのか・・


d0025568_1543265.jpg
[PR]
by Alpineflower | 2005-07-27 15:44 | 生き物たち

ツバメがやってきた。

いつもより半月も遅くツバメの夫婦の到来である。

これだけ天候が不順であったということか。

まだこの後来るのは多分今頃海を渡っている頃か。

これは国内組



野山が新緑の萌黄色できれいだ。
なんともいえないすがすがしで、心が洗われる。

蕨も大収穫で、15キロぐらいとったかな。
塩漬けだねー
d0025568_19575413.jpg

明日はカタクリの具合を見にちょっと御山に。
[PR]
by Alpineflower | 2005-04-15 19:58 | 生き物たち