世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:生き物たち( 44 )

ヤマガラ

d0025568_15515416.jpg

えさのひまわりの種が少なくなったお皿を、何か考え事をしているように眺めている。
うーーン、減ったな^

今時分、ヤマガラは一生懸命えさを貯めこむ。
だから、山盛りいっぱいあったひまわりも、あっという間になくなる。
畑の中、トタン屋根の隙間、岸壁の岩松の間、もちろん梢の小さな洞にも。
貯めこむこと、貯めこむこと
近頃はさらにどこか遠くへ持っていくようだ。

が、回収率は低そうだよ。
あちらこちらから芽が出てくるからねー
種まきしたトレイなんて、隅っこからひょこひょこ出てくる。

今日は、えさを少なくしてみた。
先日から、3羽ほどが、手に止まってえさをもらっている。
残りのはそのおこぼれをもらいに足元でうろちょろ。手に止まるほどの蛮勇は持ち合わせていないらしい。
で、みていると、トレイの土を穿り返しはじめた。
どうやら、貯めこんだのを覚えているらしい。まんざら馬鹿でもないわけだ。
くちばしで、器用に、土を遠くへ弾き飛ばしている。
おいおい、播いた種が・・たねが\\\
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-18 16:12 | 生き物たち

笑ってしまった。

d0025568_11253387.jpg

ボロ屋の屋根を、トトトト、トンとたたく音。
あれ、昼間からねずみが走るわきゃないなと思ってたら、
ツィーと鳥の声。

おんや、ヤマガラ君がどこからか木の実を拾ってきて、我が家の軒先でお食事中だったんだねー

笑ってしまいました。

もしかして、一昨年、沢山隠したひまわりの実?

今年は山に来の実がないようです。
夏の終わりから、ヤマガラや、メジロ、シジュウカラが沢山やってきます。

冬をうまく越せるのか、ちょっと心配ですねー

おや、雨が降ってきたようです。
今度は、雨の音。

ボロ屋のトタン屋根は外の様子が手にとる様。

画像は栽培のセキヤノアキチョウジ
種から翌年咲きます。
[PR]
by Alpineflower | 2006-10-01 11:26 | 生き物たち

お山で出会ったいきもの

d0025568_1230670.jpg
山道を睥睨するこのつらがまえ。

でるわでるわ!

10匹以上のガマに出会いました。

こんなに多いのも自然が残っている証拠かなーーー


d0025568_1233159.jpg
ちょっと横向き

櫛形山のガマガエルでした。


d0025568_1236189.jpg
タカネヒカゲチョウかな

かんかん照りの赤岳の岩場で遊んでいました。


d0025568_12405541.jpg
このカミキリムシはなんでしょうねー
山頂にいましたよ。
[PR]
by Alpineflower | 2006-08-28 12:42 | 生き物たち

夏のオタマジャクシ

d0025568_11555837.jpg

先日の泡の塊が、水面にあった。
周りには小さな生き物がパタパタしている、

オタマジャクシである。

夏の暑い日にわずかな水辺に生みつけられた卵からオタマジャクシが孵ったのである。

モリアオガエルのオタマジャクシたち。

これからどんなふうに夏をすごしていくんだろう。
[PR]
by Alpineflower | 2006-08-15 11:56 | 生き物たち

さて、なんでしょう。

d0025568_18492498.jpg
先ほどは、蜂の巣。
ではこれは、なーーんだ?

ヒント
山に住んでいます。

珍しいようで、意外と見かけますね。

水辺です。というか、小屋の雨水の桶の縁です。

わかりましたかーー


モリアオガエルの卵の塊です。
[PR]
by Alpineflower | 2006-08-07 18:53 | 生き物たち

何蜂かな

d0025568_18392671.jpg
見事な巣をともかくごらんあれ。

これほど見事に逆徳利なのも珍しいねーーー

お酒がこぼれちゃうさ。

山の小屋にありました。

昨日はお盆の草刈!
トックリバチではない、蜂に目の上を刺され、ただいま腫れ上がっております。
いじめた罰を受けてしまいました。あははは

うん?よく考えてみるとトックリバチとはちょっと違うね・???
ちょっとしらべてみよか。
やっぱりちがうようですねー
大きさから行くとキイロスズメバチに近いけど、こんなのははじめてみたなー
[PR]
by Alpineflower | 2006-08-07 18:48 | 生き物たち

イトトンボ

d0025568_170747.jpg
庭の池から、イトトンボの登場。

優雅に、庭をさまよっている。

無音の世界

そっと、本当にそっと、留まる。

こんなに優しく飛んだんだなーと、独りごつ。
[PR]
by Alpineflower | 2006-08-02 17:00 | 生き物たち

ホタル

d0025568_18494728.jpg
父に仕事場のホタルの話をした。

ここは、昔、なくなった母と二人で、狭い昔の家をわれらに譲って住んでいたところ。
その頃もホタルがいて、虫かごに捕まえたから、子供をつれて来いといった電話がかかってきた。

少しばかり、老いが進んできていた父だがホタルの話には目を輝かせた。
「そうかー、まだいたかー」
「大事に川をきれいにしたんだ」

しばらく話をしているうちにまた遠くを見てしまった。

ホタルの思い出は初夏の夜の思い出

ぼわーと点滅しながら飛ぶさまはそうだねー、人魂かも

さて、開放、バルブなら撮れるのかなー
[PR]
by Alpineflower | 2006-06-23 18:50 | 生き物たち

ホタル

d0025568_1915025.jpg

夜、なにやら机の上をうごめくものが・・・
このヤロッ!と、つぶしかけたが、あれ、ホタルじゃん。

シャカシャカとせわしない。
ひっくりかえして発光体を確認。間違いなくゲンジボタルだ~

ふーん

ホタルブクロの季節はやはりホタルの季節かーー

仕事場の前の沢は、護岸工事の前は、もっとたくさんホタルがいた。
かなり前のことだが。
それにしても、残っていたんだねー

つかまえて、夜の闇に出てみたが、まだ光っているのは一匹もいない。
手の中のホタルをそっと放してみたが、やはり光らずに漆黒の闇に消えた。
まだ、相棒が出てくる時間じゃない?

同じ町内になった一色という集落はホタルで有名だ。
でも、このへんは大概のところで少ないけど見ることができる。

ピンボケだけど証拠写真。
[PR]
by Alpineflower | 2006-06-15 19:16 | 生き物たち

アマツバメ

d0025568_1785452.jpg
雨空をみあげたら

アマツバメの群れ

雨の中をなんとも気持ちよさそう

張りのある見事なカーブの羽は飛翔の達人だ。

これから、高い山で夏を過ごしに行くのだろう。



空を見上げると、   季節が移っていく。

足元に、イトシャジンが開き始めていた。

イトシャジン
キキョウ科ホタルブクロ属
Campanula rotundifolia
ヨーロッパ生まれ。
[PR]
by Alpineflower | 2006-05-13 17:19 | 生き物たち