世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:生き物たち( 44 )

日本カモシカ

d0025568_18295838.jpg


通称 あお という。
親父さんから、いると言うことは聞かされていた、また、糞もこれがそうだとか言われていたが、
家の山で会ったのは初めて。

水場に水を飲みにでてきていたらしい。

猟師ではないことを知っているがごとく、ゆっくりと岩場を登っていき、途中こちらを見ながら頭を木にこすり付けて、茂みの中に消えていった。

今はかなり増えているようで、うわさでは鹿と間違えて撃たれるとか・・
うーん、なんとも・・

結構面白い顔をしているなー



d0025568_18305987.jpg



d0025568_18313517.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-02-24 18:32 | 生き物たち

冬の蟷螂

d0025568_1911240.jpg

温暖化・・・
じわじわと確認できるところまで来ているのか。

種まきトレイの陰に冬の蟷螂が潜んでいた。
日が上がると一番暖かくなる風のあたらない場所ではあるが、もう冬至を過ぎているのである。
動きは弱々しいが、さわると確かに動くから生きているのだ。
羽根はうすよごれ、体は小さい。卵を産んだ様子もない。
越冬蟷螂?
まさか。
そういえば、まだオンブバッタが、河原の土手の畑の野菜を食べていた。

温暖化なんだろうか・・

蟷螂の卵は今年、かなり高い所に産み付けられている。ほとんど、1.5mより上の位置。
雪の高さを北国では表すというが、ここではそんな雪は降らないから何をあらわすのか・・

何となく不安を感じているのは私だけかな。

相変わらず、河原は冷たい北風が吹いているし、植物たちは発泡スチロールの箱の中で静かにおねんねしてもらった。
[PR]
by Alpineflower | 2007-12-26 19:24 | 生き物たち

オニヤンマ

d0025568_17232213.jpg

うちの庭がいつの間にかオニヤンマの周回コースになっていたらしい。
植え替えをしていたら、すーとやってきて、棚を一巡りし、そのまま帰ると思ったら、彼、(彼女かな)何を見つけたのか、玄関からツーーイと中へ入って行った。
おお、ご訪問だよ。

多分、中からでられないだろうと思ったが、まず、カメラを取りに行って、それから居間へ。

私の姿を見てパニクったオニヤンマくん。
あわてて明るい窓から脱出を図ろうとしたが、今日は閉めてあった。残念。
レースのカーテンでじたばたしている姿をパチリ。

外に放してやったが、もうここは結構といった感じでサーッと高く飛び去っていった。
なんだか秋だか、夏だかわからない日でしたね。

しかし、さすがにせみの声は消え、代わりに青マツムシの声が聞こえ始めた一日です。
[PR]
by Alpineflower | 2007-09-25 17:33 | 生き物たち

訪問者

d0025568_16294384.jpg
コクワガタ君がご訪問です。
気温があがると出歩くんですね。
朝玄関にいました。
そういえば先日は夜にイモリ君がいた。

なかなかいい面構えで威嚇してくれてます。
この子は越冬組かな。



d0025568_16331941.jpg
結構スマートなんです。
[PR]
by Alpineflower | 2007-07-20 16:33 | 生き物たち

トンボ

d0025568_17124441.jpg

庭の小さな池から、今年もトンボが羽化した。

朝、暗いうちから羽を伸ばしていたのであろう、水遣りを終えてふと下を見ると、大きな目とであった。
トンボのめがねだ。ものすごく不思議な目だ。

逃げたいのだろうが、たぶんまだ羽が固まっていないようだ。
じっと、見詰め合う・・・・・・・・・・・・・・
ふーム、こんな近くで見れるのは捕まえないと出来ないよな^^^
ぐんぐん近づく

う・・・なんとなく表情が困惑している。

さーカメラを持ってこよう。
逃げないけど、こんなとこでいいかね。


奥さんを呼んで、しばしトンボ談議。


しばらくして日が差してくると静かにチョウチョのような羽の回転で上に飛んでいきました。


このあと、黄色と黒の縞縞模様のトンボと、羽黒トンボが2匹、めでたく出て行きました。
[PR]
by Alpineflower | 2007-06-28 17:22 | 生き物たち

キタダケソウ

d0025568_19153764.jpg

そんなに大きくもない花である。
北岳で見たのはもう何年も前になる。いや何十年か。
もっと、力強かった気がするが、それは野生。
当然だろう。

なんとなくタネが期待できそうな雰囲気だ。
ヒダカソウは実生で、結構具合はいい。
[PR]
by Alpineflower | 2007-04-17 19:20 | 生き物たち

野鳥

野鳥たち(シジュカラとヤマガラです)が、ゆっくりと日向ぼっこをして、毛づくろいを目の前でしている。
うーん、振り向いても逃げない。完璧な満腹状態。


メジロが、じっじっとさえずって、私の食べているみかんを早く置けと要求する。
そばではヒヨドリが静かに見ているが、私と目が合ったら、ビィーーとわめいて飛んでった。
うむ、わかるんだなぁ。えこひいき。

今日はカケスが興味津々といった顔つきで私を眺めていたが、まもなく飽きたそうでぎゃーと鳴いて飛んでいった。

にぎやかに囀ってきたのはエナガたち。忍法コゲラ万も健在だ。

冬のお天気のいいときは野鳥たちとこうして目の前で会うことが出来る。
ちょっと寒いけど楽しいねー
d0025568_1910558.jpg
d0025568_19111529.jpg
d0025568_19113833.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2007-02-02 19:11 | 生き物たち

ヤマガラ君たち

d0025568_11125296.jpg

d0025568_111479.jpg


意地悪して、えさを握ったままでいると、とんとんとくちばしで指をつつく。
「さー開けてくれよ」といわんばかり。
こぶしを少し開けてやると、ぐいぐいとくちばしで引っ張って持っていく。
食べるわけではなく、ただ貯めこむだけなのに、この執着心は面白い。

昨日は仕事場の中まで入ってきて、部屋を探検して歩いた。
好奇心の塊である。
おかげで、ストーブを止め、窓を開け放し、お帰りになるまでは寒い仕事場になってしまった。
[PR]
by Alpineflower | 2006-12-09 11:23 | 生き物たち

ヤマガラ君

d0025568_11201976.jpg

お天気が良かった昨日、写真を撮ってみた。
カメラは好きじゃないようだねー

おっととーー
いつもと勝手が違うワイ、とばかり、及び腰のカメラ目線。
くわえて、悠然と品定めをするどころではないようだ。

なかなか止まれないおちびさんがいる。
今年生まれの子供のようだ。
周りがみんな勢いよく降りてくるのをじっと見ていて、エイットばかりに来るのだが、手前でUターン。かといって、横取りするほど強かぁない。
さてさて、こういうのが気になるものだ。
しばらくして、ヤット、止まれたーー
おなかすいたものねーー

今年は山の恵みが少ない。
どんぐりも本当に少ししか落ちていない。
この鳥たちもうまく冬を越せるのだろうか。
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-23 11:29 | 生き物たち

エナガ

d0025568_1671246.jpg

下で、ヤマガラたちが賑やかに饗宴をしている所にエナガの群れがやってきた。

ジュルリジュルリとこちらは可愛い声でにぎやかにさえずっている。
結構な群れで、ひさびさだ。今年の繁殖はうまくいったんだろう。
小さな鳥なので、望遠でもまだ小さい。もう少し近寄ってくれないかなーーと思っていたら、
ダンプが通って、みんないなくなってしまった。

残念。
もう少し遊んで欲しかったな。
[PR]
by Alpineflower | 2006-11-18 16:12 | 生き物たち