世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:高山植物( 284 )

北岳の花たち(6)翌日

d0025568_1265011.jpg

翌日の朝です。
おおおおおお~~~快晴です。
夜は雨でしたが、朝は星が出ていてばっちり。

北岳の山頂がシルエットです。


d0025568_12102573.jpg

雲海の上に富士山が見えます。
小屋の上の登山道から。



d0025568_12135467.jpg

こちらは仙丈ヶ岳と中央アルプス。
そのうち登りましょう。



朝 5時15分からの朝食番。
なかなかおいしい朝食で、とろろ汁までありました。粘り強く頑張れってことでしょうかねーー
お弁当をいただき、相棒さんの荷物は置いて、私の荷物に水を入れ、
さーーー間ノ岳目指して出発です。出発は6時近く??でしょう。
9時には戻ってきて。。。11時には北岳山頂、15時には広河原っかな・・と胸算用・・
はたして・・・・

3000mのプロムナードの花
[PR]
by Alpineflower | 2009-08-10 12:37 | 高山植物

北岳の花たち(5)

d0025568_9324313.jpg

北岳の東南斜面に広がるこのお花畑は、北岳の中では最も花の数が多くみられるお花畑です。
北岳山荘へのトラーバース道と、北岳山頂に向かう池山吊尾根ルートはこのお花畑の中を通って行きます。

ここまで苦労して登ってきた甲斐がある・・と言えるでしょう。
ガスの中に広がるのはシナノキンバイ。


d0025568_9391190.jpg


大好きな、ミヤマムラサキもたくさん咲いていました。
Eritrichium nipponicum
はい、学名も日本の・・ですねーー
やはりきれいにのびやかに咲きます・・
葉っぱには硬い毛があります。


d0025568_947533.jpg

北岳トリカブトです。
花は、頭頂部にのみ付き、丈は低く15cm前後しかありません。
まだ咲き始めの個体が多く、これからといったところ。
一面に咲くと紫の園になりそう・・

続きます。花いっぱい
[PR]
by Alpineflower | 2009-08-10 10:48 | 高山植物

北岳の花たち(4)

d0025568_627042.jpg

八本歯のコル付近の岩場に咲く白花のタカネビランジです。
とても近づけるような所には咲いてませんでした。望遠はなし・・・重いですからねー

ガスが下から湧き上がってきて、高山の午後のお天気です。
ちょっと疲れてきましたか。


d0025568_632959.jpg

ちょっと戻って、雪渓上部から、八本歯までの草付に咲いているシナノキンバイですが、
花形がかなり変わってます。花弁の先がとがっていて別の花を見ているような感じですねー

そろそろお花畑。
[PR]
by Alpineflower | 2009-08-10 09:03 | 高山植物

北岳の花たち(1)

d0025568_12355267.jpg

4日から1泊で北岳を楽しんできました。
ちょうど梅雨明け宣言で一日中、山と遊んで・・今までのうっ憤を晴らしてきました。
いい山歩きでした。

一日目レポート開始です。

登山口の広河原に降り立ったのは、朝の8時40分。朝の最終バスに夜叉神峠で乗って、ご到着です。
相棒さんは今朝早くに東京を発って、甲府で拾ってきました。
気合い十分です。

見上げれば、北岳は青空の中。
最高の一日を約束されたようなものです。
今日の登山路は大樺沢(写真の北岳の左肩に上っていく沢・・雪渓が見えます)を登って、八本歯のコルからトラバース道を北岳山荘まで。
少しハードですがたくさんの花との出会いが期待されます。

ガ・・さすがにもう遅い・・あまり登山者は見当たりません。

More
[PR]
by Alpineflower | 2009-08-06 13:14 | 高山植物

ニョホウチドリ

d0025568_2325946.jpg

珍しいランの花です。
初めてのご対面。

何かいい花はないかなと山頂付近を散策していましたら、つぼみを発見。
それでは花もあるかもと、目を皿のようにしてみていたら、一輪だけ咲いてました。

ニョホウとは日光の女峰山で発見されたための命名ですが、この甲斐の国にも結構分布しているようです。
ちょっとウチョウランに似た花ですが、 ウチョウランより大型で、そうですね―小型の白山チドリの花の代わりにウチョウランの花をくっつけた・・て様な雰囲気です。

数は少なくて、見られたら幸運とか・・・
d0025568_2394336.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-06-28 23:09 | 高山植物

白花のハクサンフウロ

d0025568_16275894.jpg

珍しいからと言って、そう、ふ~~ンという感じの花が時々あります。

白花のハクサンフウロですから、それはそれ。。

せっかく咲いてくれている花を前になんということを…
でも、この場合、やっぱり正直に、普通のハクサンフウロがいいですねー

しかし、かなり株が大きくなって、ビシット沢山花をつけたら、いいかも
(よく考えたら、ハクサンフウロって、ちらほらの咲き方だったかな)

ここで、珍しくも畑の話。
野菜ぐらい自分のところで自給できたらいいな・・
亡くなったおふくろさんもやっていたし・ついでだから徹底的に無農薬、有機肥料で。




畑の話を聞きたい方(笑)どうぞ

More
[PR]
by Alpineflower | 2009-06-26 17:50 | 高山植物

ナンブトラノオ

d0025568_17275276.jpg

本来ならもっと早くに咲く花です。
購入苗です。どこで作られたものでしょうか。

このトラノオはたで科の花です。
ハルトラノオもイブキトラノオそうですね。
葉っぱがたで科特有ですのでよくわかります。
ナンブというのは岩手県の南部地方から来ている名前で、この花はそこの名山、早池峰山の特有種です。

今年はどうしても登りたい山なのですが。。さてどうなる事やら。

学名 Polygonum hayachinense

d0025568_17363215.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-06-25 17:36 | 高山植物

ハクサンフウロ

d0025568_20195189.jpg

やっと本物です。
しかしマー、いい加減な山草屋さんが多いことに驚きます。

これでは、いい加減名前で出回るものも多いのがうなずけられますね。


本州の高山で一般的に見られるゲラニウムです。
ピンクの優しい花をつけ、種からでもよく育つのですが意外と、お店で見かけることは少ないです。

チシマフウロやグンナイフウロはあるのですが、なぜかこの花はあまりに普遍すぎて駄目なのでしょうか。




学名 Geranium yesoemse var. nipponicum
この花にも nipponicumとついてます。
[PR]
by Alpineflower | 2009-06-22 20:27 | 高山植物

アポイマンテマ

d0025568_12182225.jpg

梅雨空の中、アポイマンテマが咲き始めました。
どこに植えたか記憶もなく、あれ、これは何が咲くのかなと見ていた株が、アポイマンテマでした。

地植えがいいですねー
花筒が紫には程遠いのですが、これは寒さや土質の違いから致し方ないでしょう。
それでも色が付いているところは良しとします。
丈は小さく締まりました。
なかなか、良い姿となりました。

d0025568_12221984.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-06-22 12:22 | 高山植物
d0025568_17194330.jpg

ミヤマタネツケバナです。
この羽状複葉が目印のアブラナ科の白い花・・ですね。
かわいい花で、小さな群落が咲き始めています。
たぶん、これから先は伸びて行って…風情が消えそう・・
学名 Cardamine nipponica



下のこのブレブレ写真は
出したくはなかったのですが、証拠なしなので仕方なく…
2枚は取っているはずが、それ・・しっかりと気を持って写真を撮らねば…・
これはクモマナズナ。Drabaですよ。
葉を見たらすぐわかりました。プさん、大正解。

次は、きっちりとります。
すいません、お見苦しくて。

学名 Draba sakuraii var. nipponica
d0025568_1726065.jpg


学名にnipponicaが両方ともついています。
[PR]
by Alpineflower | 2009-06-16 17:26 | 高山植物