世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:高山植物( 284 )

小さなアネモネの花

以前から気になっていた、アネモネの花

Anemone caucasica

どんな感じなのか・・小さな根塊が秋に届きましたので、小さな鉢に植えました。
そしたら・・何とまーです。
花がどんどん上がってきます。
4本で打ち止めかと思ってたら。昨日6本目を確認
小さな・・いままで見た中で最も小さな、アネモネの花なんですが、
スカイブルーの素晴らしい花。
これはいいですねー

d0025568_752020.jpg


この鉢の大きさは手のひらぐらいです。
雨の日も可愛い。

d0025568_77781.jpg


来年は少し大きな鉢ともう少し、数を多くして咲いてもらいましょう。
[PR]
by Alpineflower | 2014-03-20 07:08 | 高山植物

八ヶ岳の秋

お山を少し歩いてきました。
怠けものでしたが…奥さんに引かれて・・牛に引かれた善光寺参りではないですが。

権現岳に行くつもりでしたが、時間切れ。・・三ツ頭で撤退でした。秋の日は短い。

収穫は満載の秋。

青空・・落葉・・・冷たい風・・・真っ赤なたくさんのナナカマドの実

そして冬支度のオキナグサ・・4か所の自生場所を確認

残り咲きのタカネマツムシソウ・・

d0025568_67246.jpg


d0025568_685317.jpg


d0025568_6123255.jpg


d0025568_6135087.jpg


d0025568_6143083.jpg


d0025568_6163913.jpg


d0025568_6172538.jpg


d0025568_619454.jpg


d0025568_625233.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2013-10-31 06:27 | 高山植物

植え替え

秋の植え替えというのはあまりやったことはなかったのですが、種まき苗のポット上げも兼ねて一部植え替えてます。
無事に夏を越した面々、肥料をあげる前に植え替えて置くと、本州ではまだ秋の成長は見込まれます。このように、秋に成長させるというのは一つの手法でもありますね。

カリアンテマム類。
d0025568_22461959.jpg
d0025568_2247415.jpg

Callianthemum farreri -------------------------Callianthemum kernerianum
ヒダカソウ(Callianthemum miyabeanum)、キタダケソウ(Callianthemum hondoense)、Callianthemum coriandrifolium,ともに皆元気。
これは珍しいこと。ヒダカソウは5株がすべて良好。



プリムラ系
d0025568_237688.jpg

Dionysia involucrata
d0025568_2375920.jpg


Androsace villosa
d0025568_2385770.jpg

Androsace pyrenaica
Andorocsaceは、実生苗の夏越しに5種類が成功。
結構な確率であったけど、発芽なしも多かった。
それなりに、・・・まずまず。


d0025568_23165597.jpg

Primula rusbyi
(一株だけ残った。)
d0025568_23174972.jpg


ヒナザクラ
ギリギリ・・・・
d0025568_23245486.jpg

ツガルコザクラ
これが一番強いでしょうねーー
[PR]
by Alpineflower | 2013-10-27 23:28 | 高山植物

ドライ・ウォール

いろんな植物を壁を利用して作る。

狭い場所を有効利用できそうということで作ってみました。
d0025568_22565070.jpg


コンクリートを使用したのは一番下の隠れた部分。
水が流れて、底をすくわれるのだけはまずいだろうと、最小限の使用です。

とりあえず試運転の植え込みは園芸種の中でも野草的な雰囲気を持った者たち。

それと、菊類に、コシキジマイトラッキョウ、イトクワガタ、ニュージーランドのクレマチス
アサギリソウなどなど。
d0025568_22594930.jpg


ハンギング素材のヤシの繊維で、土落ち防止。
d0025568_22592473.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2013-10-24 22:59 | 高山植物

ロックガーデン

山にも登らず・・ドライウオールと、ロックガーデンを作っていた夏。
久々の、更新でその全貌を。
なんということでしょう。
駐車場がロックガーデンになっているではありませんか。

d0025568_19361420.jpg


植え付けたのは60種類以上
7割が実生品です。
なかなか・・今年の夏は暑かったのですが頑張りました。
もっとも、多いのはウスユキソウですが。
植え付けは9月に入ってから。
d0025568_19365437.jpg

ですが

暑い日がありましたねーーー
おかげさまで、その時に消えたのがアンドロサケと、ゲンチアナ・ベルナと・・

で、その後、与党虫の被害が・・イワギキョウ・・チシマギキョウと、ホロトソウ。
カンパニュラが好きなようです。
何とか生き残ってるホロトソウと、チシマギキョウ。
d0025568_19414714.jpg

そうそう、ソナレセンブリも植え付けて咲いてます。
d0025568_19392866.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2013-10-24 19:43 | 高山植物

春のスイッチが入った~

d0025568_1271799.jpg

見えますか?Draba imbricataの花芽が、見えてきましたねー。そして、葉っぱの色が緑に。
私はこのくらいの温度って、大嫌いなのですが、凍結がなくなった夜の気温変化を感じてスイッチが入ったようです。
d0025568_1293121.jpg

ほら、これも。多分リシリヒナゲシ・・の蕾です。
d0025568_12105111.jpg

Draba ssp.(天山)の蕾です。色が付いてきました。
d0025568_1212395.jpg

サキシフラガもほら。膨らんでます。2日前は全然そんな気配がなかったのに。
今年はうまくいきますかねー
d0025568_12134411.jpg

Primula も、根元に花芽が見えてます。虫に食われないぞ!
d0025568_12145912.jpg

Galanthus rizehensisです。大変小さなガランサスで、身の丈4cm
早く開花しないかなー
[PR]
by Alpineflower | 2010-02-17 12:17 | 高山植物
d0025568_14254931.jpg

Draba dedeanaの今の状態です。
葉がかなり緑が出てきました。
いつもこの花は目覚めが早いのです。
蕾も膨らんできています。


d0025568_1443483.jpg
雪の多く降る所とは違い、ここ本州の太平洋側は冬は乾いた寒風と、意外と強い日差しです。
夜は放射冷却により、-7,8度ぐらいまで下がります。
したがって、明け方の凍結はそのままだとかなり深くまで凍結します。そして昼はいいお天気で、あぶられる。
これを繰り返しますと、普通、植物はダウンします。
一生懸命、葉を茶色にして、紫外線に耐えてますが・・これがひどくなると終わりです。



d0025568_14451162.jpg
ですから、また寒冷紗の登場です。
今度は、2つ折りにしてロックの上にかけてやります。
寒風のときは日中も外しません。ともかく眠らせてやらないといけませんから。


d0025568_14462062.jpg
でも今年は問題がわかりました。
Galanthusなんかは今が伸びるときですから…
来年は、雪の下モードにするところからお引っ越ししてもらいます。


d0025568_15412834.jpg
それでも、凍結します。・・
AndrosaceやEritrichumなどは、外側の葉っぱを枯らして、乾燥冬モードに突入します。
これをやると春の芽出しに影響が出ます。
どうしてもいい花が咲きませんねー
これらも来年は上に発泡スチロールでもかぶせて100%保湿の状態を作ってやろうかと思っています。

ただ、寒冷紗だけでもいいのは Pulsatillaですね。
地下の凍結がひどくないので、根がいい状態を保ってます。
今年は今までまともに咲いたことのない花が咲くのを期待してます。
セツブンソウ、寒くても頑張っています。


d0025568_1549314.jpg



d0025568_15493241.jpg



黄花ももう少し。
d0025568_15512651.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2010-02-08 15:51 | 高山植物

イワナシの花

d0025568_17154289.jpg
この寒いのにイワナシの花が咲いていた。
霜よけの覆いを取って、虫の被害を確認していると、このピンクの花が目に飛び込んできた。
なんで、今頃咲くのか。

うーーん、結構気が早いんだねぇ。

でもまだ虫が飛んでいないから、結実は無理でしょう。
梨の味覚はおあずけかな。


d0025568_17193481.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2010-01-20 17:20 | 高山植物

オキナグサの仲間たち

d0025568_7171793.jpg

プルサティラ・ブルガリス・ヌッタリアナが開花した。
当然、季節はずれの、気まぐれ開花で、たった一輪だけだけど初冬の日を浴びている。

今年から、ほとんどすべてを地植えして管理しているので、これらオキナグサの仲間も例外なく植え付けられた。
ガラガラのロックもどきの庭の一角なのだが、これが実に成績がいい。
なんといっても一番いいのは、根の状態であろう。
別段掘ってみたわけではないのだが、今の時期でもまだ葉が青々としているところから、かなりいい。

オキナグサの仲間の根は黒くて、死んでるのか生きてるのかは外見だけからはわからない。
そして、最も悪いことに乾燥させて育てるので根ジラミがつきやすい。洗っても、オルトランを入れてもなかなか退治できないが、地植えだとこれがばたっとなくなる。
思うに、ネマトーダもそうなのだが、人の作った鉢内という狭い空間は、外敵のいない害虫にとっては理想的な環境なんだろう。
地面の中のいろいろな生き物が、バランスを保っている・・小さな宇宙を形成しているんだろう。

ともあれ、
今まで、夏越しに幾度となく失敗したり、花が咲かなかったりした、プルサティラ・ベルナリスが調子がいい。
プラテンシスや、カンパネラ、アルバナ、アルバナ・ルテア、なども株が充実。実生のウクラニカ、ルブラはすでに花芽を準備。
勢いをかって、またまた樺太3兄弟に挑戦をしてしまった。あと一歩で涙を飲んでいたのだがベルナリスの成功に気を良くしてしまったのである。(ちと反省かも)

春が待ち遠しい…冬も来ないのに。
d0025568_7444077.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-11-24 07:45 | 高山植物

北岳の花たち(7)下山

d0025568_1843712.jpg

間ノ岳山頂で、コーヒーを一杯入れて一息です。
さー、間ノ岳を後にして北岳に向かいます。
と、しばらく行くとライチョウの親子連れが、道を横切りました。
後ろからは団体さんが来ますので、あたふたと、山の上のほうへ。
この後ももう一度見ました。いずれもヒナを連れていました。夏山の風物詩ですが、
ともにヒナの数が2羽と1羽で少なく、少し心配です。
以前読んだ雑誌で、キツネなどの外敵が上まで登ってきてひなをさらうとか・・
そういえば、北岳山頂付近ではサルの群れを見ましたし…・
温暖化はこういう形でもでてくるのでしょうか。

無事成鳥になることを祈りましょう。

まだ花は続きます。
[PR]
by Alpineflower | 2009-08-11 20:21 | 高山植物