世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:庭の植物( 19 )

イカリソウ・・続き

d0025568_22524571.jpg

多分、夕映えだと思いますが・・イカリソウの交配種。
色の濃いイカリソウで、葉もしっかりしていて魅力的です。
これは結構日当たりのいい場所です。

d0025568_22563047.jpg

白岩岳白花イカリソウ
という名前で販売されておりましたが、長野県と山梨県の県境近くの南アルプスの北端の白岩岳のイカリソウでしょうか。
かなりの小型の花で、石灰岩地帯の特徴をしっかり有しています。

d0025568_22583559.jpg

かなり、情けない花ですが、キバナイカリソウです。
本当はもっと大きな花で、体も大きく立派になるのですが、なんせまだ昔の記憶のまま花を咲かせているのだろうと思います。
雪国というか東北、日本海側に多い花です。北海道の山で見たのはもっと雄大でした。
今年はここまででしょう。花も一輪ずつ咲いて、もうおしまいです。
頑張れ、来年

d0025568_2341077.jpg


荒川岳近傍の石灰岩の山の産だと思いますが・・キバナイカリソウです。
クモイイカリとか、大台が原のヤチマタイカリソウとかと共通性がある??
[PR]
by Alpineflower | 2013-04-20 23:39 | 庭の植物

イカリソウの魅力

丈夫で長持ち・・性能はよし・・
一昔前の日本の製品。
ま、でも丈夫で長持ちだったのはほんの短い間だったねーー

この子たちは違います。
どこにい植えられようが、水が多少多かろうが・・夏が多少暑かろうが・・
冬が寒いとか、水が少ないとかうだうだ言いません。

いつも元気、毎年春は花いっぱい。
d0025568_612993.jpg

ヒメイカリソウ
この仲間、ころっとしたところはバイカイカリ草と同じようでいて、少し花は大きめ、きょが短くてすっきりかわいいって感じです。
四国のほうのお生まれだそうですが、いたって元気。


d0025568_615504.jpg



d0025568_6185148.jpg

イカリソウの分類というのは正式にはとても難しそうでよくわかりません。
同じ名前で、常緑種やら落葉種やら。
これはソハヤキと言ってもらったもの。でもソハヤキはキバナ系。
常緑種なので、これもヒメイカリソウ???


d0025568_6233089.jpg

これは、ヒメイカリソウの海岸タイプのシオミイカリソウ
はかなげで、(実際、珍しくはかない系・・日向では元気なかった)お気に入りです。


d0025568_6272579.jpg

ちょっと頂き物のヤチマタイカリソウの写真がありませんので、飛ばして
正真正銘のイカリソウ。
この辺りの花です。
薄いピンクがやさしくて。。いろんな花を見てると、この花の良さもまた静かに伝わってきます。


d0025568_6295134.jpg

大きい葉っぱにいかつい姿・・
大陸系のイカリソウはやっぱり頑固です。
それ相応に、ま、面白いのですが。。
いわゆる・・はかなさ系はないですね・・
どうだーーーって感じ。
ダビディ神父のお土産でしょうか・・
Epimedium davidii


d0025568_6345120.jpg

おんなじダビディさんでもこの人は小型種。
でも強い。。
増える。元気というイカリソウ様の特色十分。
どちらが本物か?さーーて…海外のサイトではこの花も同じ名前で出ていますが。・・

とりあえずここまで。
[PR]
by Alpineflower | 2013-04-13 06:37 | 庭の植物
しばらくぶりに・・

庭は、カタクリが咲き、いろんなものが咲き進んでいます。
もう4月。
早いですね。
春は桜もそろそろ終わって、次なる局面に・・・


d0025568_20353454.jpg



d0025568_2048346.jpg

カタクリの咲き方もばらばらで、一斉に咲きそろうことがありません。
今年は少し変?


d0025568_20383187.jpg

プルサチラ・プラテンシスの実生っ子
たくさんの花をつけています。珍しいこと。
ブルガリスと交雑したかもしれません。


d0025568_2040297.jpg



d0025568_20444230.jpg

プルサチラ・モンタナ
久しぶりに咲きました。
この蕾は先日の暑さでも飛ばなかった。・・


d0025568_2041864.jpg

プルサチラ・プラテンシス
親株。昨年、枯れこんで、わずかな芽しか残りませんでしたが。。復活か???


d0025568_20431523.jpg

プルサチラ・ウクラニカ
びよよ~~~んと花弁が伸びます。
大きな花で、なんとも…少しこうなると風情はねー


d0025568_20522166.jpg

プルサチラ・ブルガリス(ヌッタリアナ?)
この花もやはりこの最初の頃がいい感じで・・すばらしい雰囲気です。。
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-31 20:56 | 庭の植物

ショウジョウバカマの彩

今年は冬の寒さのせいで、いつもより、春の花の数が多い。
ショウジョウバカマも、珍しくきれいに咲いた。

しかし、それにしても忙しい開花である。
蕾が上がったかなと思ったら、もう開花。
今度はこの数日の暑さが、アクセルとなって、大忙し。

で、また涼しくなったから。。花は長持ち?

d0025568_22534333.jpg


このショウジョウバカマはどこの生まれだったか。・・

すくっと、気持ちがよい。




d0025568_22573336.jpg

こちらの花はわずかに小型だが、花のサイズは前出のものとほぼ同じ。
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-23 00:01 | 庭の植物

ハルトラノオ

何がいいかって・・

この花の、黒いぽちぽちが大好きで…(笑)
d0025568_2117982.jpg


春は弥生・・渓流沿いの岩場とか・・ガレ場とか・・
固まって咲く小さな白い花を見つけたら・・それはハルトラノオ。

いいですねーー
毎年、顔を見るのが幸せ。
そろそろ、仕事が終わったら、あの渓流に行きましょう。









d0025568_21182065.jpg


ちょっと雰囲気が違うこの花
名前は屋久島がつく。ヤクシマハルトラノオ・・・さて、屋久島にあるのだろうか・・名前は正しいのであろうか。…
なんだkんだと言いながら、見てみたい春の花。
葉っぱは、なるほど、小さい。花も小さい。色は淡い。

さても…どんな所なんだろうか・・屋久島。


[PR]
by Alpineflower | 2013-03-16 21:23 | 庭の植物
やっぱりあなたはチューリップ。
移した場所を忘れて・・そのうち出てくるだろうと・・
あなたの兄弟は、もうとうに咲き終わってます。
d0025568_20493361.jpg


なぜチューリップ?









d0025568_20503068.jpg
天を向く姿が・・そっくりですよ。
のびのびと大きくなってください。
陽光をいっぱいに浴びる姿が幸せ。





d0025568_20512758.jpg

おひさま・・だいすき

なんでしょうね。


[PR]
by Alpineflower | 2013-03-16 20:53 | 庭の植物

ヒメイチゲ

d0025568_20395226.jpg


小さな・・本当に小さなヒメイチゲの花が今年も咲いてくれました。
うれしいことです。
ここは一番のお気に入りの場所のようで、大きな石の蔭です。
きっと涼しいのでしょうね。
体が小さいので、鉢植えにしてもよく咲きます。
実生でも、発芽率もよいし、生存率も高い。
ただ・・やっぱり小さい花なので、あんまり注目されないですね。
でもそれで十分。



d0025568_20525028.jpg
亜高山から、北海道などは原野の林の中で良く見られる花です。
自生ではもう少し大きくなります。
周りに葉っぱが見られますねー、来年はこの株も咲いてくれるでしょう。
十分にいついてくれてます。



d0025568_17283723.jpg
今日(3月12日)は上を向いてました。


[PR]
by Alpineflower | 2013-03-11 21:02 | 庭の植物

ユキワリイチゲ・・再び

いいですよね。
この花。Anemone keiskeana

なんとも言えないグラデーション。

たくさん咲いてください。

d0025568_4449.jpg



d0025568_445922.jpg

光を浴びている姿もいい。


d0025568_440330.jpg

おまけは秩父紅
遅い春です。
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-07 04:06 | 庭の植物

ユキワリイチゲ

イチゲ類の中では最も早く咲くものです。
なかなかいいですねーー
今日、この花の開花を庭で見つけたら、思わず鼻歌が出てきてしまいました。
お天気は雨が予想される薄日が差しただけなんだけど・・


自生地は西日本でこの辺りには見られませんが、
寒さには強く、普通に地植えで咲きます。
たぶん西日本の少し高い様なところの花なんでしょう。

別名のルリイチゲと呼ばれているところでもわかるように、青紫の色合いの濃い花もあるようです。
色の幅が大きいとか。
我が家のは薄い、少し中に色合いがついた花ですが、でも十分すばらしい。
だけど、一度はこの濃い色合いの花に出会いたいものですね。

今年は3本、花が咲きました。開いたのは全く同日・・確かニケ所からいただいたり買ったりしたもののはずですが面白いものです。

d0025568_19523480.jpg
カタクリたちと同じ場所に植栽。
いい感じですね。


d0025568_19542773.jpg
こちらはまだ半開。
色の微妙さ・・意外と好きです。


d0025568_19554129.jpg
昨日、つぼみに気がついたばかり。
そしたら、今日は隣に雪割草が開いてるではありませんか。
昨日、あまりにもユキワリイチゲのつぼみに喜んだから、見落としていたようです。
なかなか・・
いいですねーー


[PR]
by Alpineflower | 2013-03-01 19:59 | 庭の植物