世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:思い( 5 )

庭の景色

d0025568_1591175.jpg

ほぼ、庭の改造が終了し、さて、いろいろと植え付けてますが、
あれも植えたしこれも植えたし・・・
特に、木々は将来の姿を描きながら植えたいのだけれど、当面の日影も欲しい・・
ということで、結局結構ぎゅうぎゅう。
d0025568_15153265.jpg


トリリウムの鉢と雪割草の鉢が最後に残り、岩ひばは。。たぶん売りさばく???
四月に植木市の話がありそうなので・・
そうかー
サクラソウの苗も作らねばならないか。
d0025568_1516553.jpg

d0025568_15191632.jpg

以前の棚の跡地は今や鳥さんのえさ場…
[PR]
by Alpineflower | 2009-03-09 15:18 | 思い

雑木林の庭に

d0025568_21434227.jpg

お見苦しい写真を一枚。
これはただ今の庭の状況です。
真中にデンとあった、屋根つきの棚を撤去し、山の土を軽トラで運び込んでいるところです。
なかなかの重労働で、正月前から始めたものの遅々としてすすみません。
少しやっては、ハーと言って鉢を眺め、ひっくりかえして、植えてみる…

これでは進みようがないですねーー

奥に見えている棚も撤去の予定ですが、ここには雪割草とコバイモ、節分草にコリダリスの鉢が並んでいます。これはこの棚の撤去跡に植え付けるのですが、なんとも木陰がまだありません。
樹種の選定が・・・小低木を一番西に配し、真ん中に少し大きくなる落葉樹で花もの。
3,4本は木が入りそうです。
もちろん、木陰は春の花たちであふれさせようと。
そして、あとはトリリウムでしょうね~

すでに撤去した棚に残っていたものはここ。
偽のロックガーデンでっす。
d0025568_2154458.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-01-18 21:54 | 思い

入院

d0025568_1921344.jpg

普段の不摂生がたたって、17日ほど入院してしまいました。

一歩間違えば命がない・・・なんて脅されて、今、生活改善運動中です。あはは

庭では、主のいぬまに季節が移り、こんな花が咲いてました。

カンパニュラ・プリムロイデス?でしょうかねー
訂正。
カンパニュラ・プリムラエフォリアでした。
[PR]
by Alpineflower | 2008-07-18 19:23 | 思い

節分草の種配布

d0025568_3331873.jpg

庭先の節分草も、もう種をつけております。
2006年より、花仲間の、節分草を庭一杯咲かせたらいいねーと言う言葉が発端ではじめた節分草庭一杯プロジェクト。
今年も、種を皆さんに配布する時期になりました。
うれしいことに、その前から種をお譲りしていた方が、自前の花を咲かせたので、今年で卒業したい、数年後のこのプロジェクトには今度は種提供者で参加出来ればいいですねーとおっしゃていただきました。
自生地を保護するは当然のことですが、今手元にある小さな野生をたとえ、限られた空間とはいえども、守って、好きな方の間に広げていくのも自然保護の一つの方法だと考えています。

楽しんで、守る。
ことしも、大勢の方々に種まきを楽しんでいただきたいものです。
我が家の庭の節分草も自前の種を撒き散らすようになりました。
あなたの庭にも、鉢にもいかがですか?
庭一杯の春一番の妖精を。
[PR]
by Alpineflower | 2008-04-08 03:51 | 思い
この話はいつもどこかで果てしない議論になる。

山野草を育てる=盗掘=自生地を荒らす

こんな簡単な図式にはまってしまうことが実に残念でならない。
そこまでしか理解されていないのかと。
しかし、それはまだわれわれの努力が足りないのではないかと。。
とも思うが、と、ここで又悩む。

以前、ちょっとした植物の会に入っていたことがある。
そこのオフ会で大御所らしい。。学者先生が私は洋種の高山植物をすこしやっているという話をしたら、
「あ、日本のものから逃げれるから」
とのたもうた。
情けないことに、そんな人も簡単に上の図式にはまっているんだー
多分、こういう人には何を言っても始まらないなーー
残念でした。

今頃ホームセンターに売っているクリスマスローズのチベタヌス、
幻の花・・・と名うっていますね。
これは明らかに盗掘品といえるしろものでしょうねー
経済的な格差を武器に安い値段で、そこに生えているものを根を切って輸入する・・
大体が、こんな安い値段のものが幻であるわキャーない。
赤玉土に生きているわけではない・・・・すぐだめになる。。。
繰り返しだ・・・・
実際3回ほど手が伸びました。
自生地は荒れているのだろうなー
やっと、思いとどまりましたが。このていたらく・・・・

山野草を育てるということ。。
今目の前にある種は、大切な自然からの贈り物、
その自然を傷つけることなく、大事に育てる。
これは本当に大変なこと。。責任のあることなんだと今更ながら感じています。
d0025568_81177.jpg



d0025568_1533079.jpg


Narcissus romieuxii var.zaianicus
[PR]
by Alpineflower | 2008-01-13 08:11 | 思い