世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 87 )

ツクシカラマツの眺め

d0025568_1450178.jpg

ツクシカラマツ
素性がはっきりしておりません。自生しているわけでもないようです。
交配種?でしょうか。

大変強いですし、大変可愛い花です。
このように平鉢にこんもりと咲きますと、マクロレンズでは何かの畑のようにも見えます。
赤玉などの普通の用土で充分育ちますし、夏の暑いときでも、半日ぐらいのお日様では平気の平左。
山野草の可憐さに触れるには最適な花でしょうね。
[PR]
by Alpineflower | 2008-06-19 15:22

Phyteuma sieberi

d0025568_23424269.jpg

カタカナ読みが、フィテウマ・セビリーとなっているが、シエベリーではないかと思うのだが。

種からの花であるけど、暖かいところではなかなか結実が見られない。
夏には一時仮眠してしまうがそのまま放って置くと秋口また芽が出てきてほっとする、

普通のタマシャジン(Phyteuma scheuchzeri)とは若干異なっているが、その違いは、高さが小さいこと。色が濃い。葉がやはり違う、

なかなか面白い花でそ立ててみるのが簡単でしょうねー

d0025568_2356263.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-05-13 23:56
d0025568_1822652.jpg

八重咲きの種類が一般に出回っていて結構有名なのですが、
これは、まったくの一重。

その清楚な雰囲気は私好み!
こういう、米粒みたいな花がすきなのですねー
欲を言えば、丈がもう少し小さければ最高。
シレネも、捨てたものじゃない。

学名 Silene alpestris
[PR]
by Alpineflower | 2008-05-05 18:28
d0025568_17564822.jpg

中国生まれのアンドロサケ。どのあたりになるのか。。
中国とでてくると、ちょっと気がかりなこのごろですが、花はきれいです。

何がいいかといいますと、その色でしょう。
アンドロサケには珍しい、藤色がかった不思議な色です。
咲き方は草原のアンドロサケらしく、ロゼットから花を立ち上げ、ランナーで増えます。
今年も種を播いてはいますが、発芽してきていないですねー

d0025568_18155644.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2008-05-04 18:15

アメリカコマクサ?

d0025568_9214133.jpg

姫ケマンソウとか。。いろんな名前ででているんでしょうか?

学名は Dicentra formosa
これの白花というか、口紅花ですね。
本来、林下の植物のようなので、軽石に明るい日向の環境ではどうかと思うのですが、生きながらえています。
甲府の方からいただいたものなので、増えるのでしょうが、いじけて頑張ってます。

同じときにただいた、Dicentra cucullaria(和名 ツノコマクサ)は、なかなか咲かない理由がわかったのです。林下のスプリングエフェメラルだったんですねーー
納得ということで、今年は用土を変え、肥培につとめましょう。
[PR]
by Alpineflower | 2008-05-01 09:39
d0025568_20123469.jpg



d0025568_20132931.jpg

アンドロサケ マルペンシス Androsace x marpensis
その後、順調に花が開いてきたけど、残念なことに株一杯の花というわけにはいかなかった。
しかし、その花の大きさと、不思議な色合いは一級品であることを証明している。

このあと、大きめの鉢に植え替えて、再び夏越しとなる。
アンドロサケの植え替えは、今なのである。
やっと、納得した。
[PR]
by Alpineflower | 2008-04-27 20:12
d0025568_6241190.jpg

突然 パフィオです。
一年おきに咲いているパフィオのアルメニアカムが窓辺で咲いていたので、お外へ引越しです。
かなり株がこんもりとして、沢山芽ができてきたので株分けしようか考え中。
洋蘭はほとんどこの原種パフィオを除いて、なくなりました。
残っているのはパフィオのミクランサム、マリポエンセ、ディレナティ、アルメニアカムだけです。
なぜかは簡単。冬越しが無加温で、窓辺で出来るから・・

ただし、咲くのは隔年。株が成長しないからでしょう。

それでも、こうして姿が見れるのはいいですねー

こういう蘭もフラスコ栽培で交配してるんだろうねー
[PR]
by Alpineflower | 2008-04-25 06:42
d0025568_1453697.jpg

北アメリカには何種類か、カタクリの仲間があり、早春の野山を飾っているそうだ。
日本の白花カタクリはカタクリの白花変異、いわゆる白子で色素の抜けた個体です。
そんなに珍しいわけではないので、大きな群落では何個体か見受けられます。

この花は、遺伝的に固定化したものかどうかは興味もあるところです。
トリリウム類と一緒に我が家の新入り君、苗できて咲くとは思わなかったですね。

可愛いです。

名前 Erythronium californicum'White Beauty'
[PR]
by Alpineflower | 2008-04-25 01:57
d0025568_3415694.jpg

北海道のオオバナノエンレイソウです。(いままでノが入るとは知らなンだ)
いい花ですねー
もっと伸びやかに咲いてくれるはずなんです。でも、毎年咲いてくれているから、文句は言えませんが。。

二鉢に増えて、どちらも蕾を持ち上げています。うれしい。

夢の雑木林の庭には木陰にエンレイソウたちの一角を必ず作りたい。
名優をそれまで、駄目にしないようにがんばろう。

学名
Trillium kamtschaticum
[PR]
by Alpineflower | 2008-04-24 03:55
d0025568_6383150.jpg

なんとなく、ちょっと違う血が入ってるのではないかいと思ってしまう姿。
ふつうのなら、大きく広がってラッパ状に咲くのに、こやつ開かないでつぼ咲きになってしまった。
久しぶりに咲いたのになんと言うことか。
もしかして、これ、実生だったのかなー

アルペンブルーとか、いろんな名前で売られているのだけど、こつをつかまないとなかなか咲かないですねー
今年は少し光明が見えてきたかも。ゲンチアナ全体にですけど。

根がひも状で、貧弱なんです。そこンところ、よく理解してなかった・・・ごめんね^
[PR]
by Alpineflower | 2008-04-21 06:57