世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 87 )

d0025568_1850370.jpg

フライを投げてる、現代のウラシマさん・・
面白いですねーーー

風のまにまに漂って…



d0025568_1852365.jpg

こちらは・・四国のユキモチさん

いつも。。。おいしそう…・と思うんだけど…

だめーーって手みたいな葉っぱで拒絶です。



d0025568_18535238.jpg


ムサシアブミさん・・

フフフフ・・何をばかなことを言ってるか…ってなかんじで、ちょっと、不気味。
なんか…増えてない?おたくたち。

まだ、顔を出したばかりの姫ウラシマ君やら。。顔さえ出さない、ピンク・・・さてねーーー
まだあったような気もしたけど・・どこに植えたかすら覚えてない。。

ふふふふ
ムサシアブミが。。また笑う。
[PR]
by Alpineflower | 2010-04-12 18:58
d0025568_22193576.jpg

Campanula linifolia
ヨーロッパアルプスに分布。

花はイトシャジンCampanula rotundifoliaによく似る。
が、花つきはそんなに多いほうではない。
でも、良い点は暴れないこと。
まっすぐすっと伸びた花茎は雨、風で倒れることなく、しっかりとしている。
その花茎にそって、数輪の淡い薄紫色の花をつける。

カンパニュラの小型のものを好きな人には最適。
風に揺れて整然と咲く姿は可憐である。

d0025568_22252624.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-07-19 22:26

Campanula primulaefolia

d0025568_189359.jpg

昨年、初めて咲いたのだが、今年はその株が一年越して居ついたようで、大株になっている。
が、結構虫にやられやすいのと雨がやはり嫌いなようで、咲き始めの今、ちょっとさえない。

本来なら花茎がすっと伸びて咲くのだが、頭をアブラムシにやられたので、わき目が伸びて咲いている。
もう少し日向に移動したほうがいいようだ。

特徴的な花底の濃いブルーの模様が、この花の魅力である。
惜しむらくは上を向いて咲かないで、下向きに咲いてほしいものだ・・個人的にはね。
上向きに咲くのだから、当然開花の時期は乾期の場所に生育していることになる。
そうでなければ、雨が溜まって。。一層さえない。

さて、気持ちよく咲かせるためには場所の移動が不可欠のようだ。

d0025568_18342674.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-07-04 18:13

きれいな新芽

d0025568_54553100.jpg

いろんな新芽があるのだけれど、このクモイイカリソウの新芽は、まるで赤い花が咲いたようで驚く。
すーっと立ちあがって、赤い葉っぱ。

d0025568_5483958.jpg

こちらはハクサンシャクナゲの新芽。
赤い葉柄が、印象的な芽です。
触るとすぐに取れてしまいそうな柔らかな産毛がかわいいです。
まだ、食害されていません、毎年注意しないとボロボロにされます。
[PR]
by Alpineflower | 2009-05-25 05:53

ヒメルリトラノオ

d0025568_22293035.jpg

ヒメルリトラノオ Veronica spcataだろうと思うが、いま一つ記憶がはっきりしない。
種をまいたのだろうと思う。

葉はシルバーリーフなのでトウテイランに似ている。

朝日の過ぎて行った木陰に少しだけ、開き始めた花穂がそろって立って、
5月の一日を迎えている。
今日は暑い一日だった。
[PR]
by Alpineflower | 2009-05-18 22:45

Silene pygmea

d0025568_21242944.jpg

コーカサス地方のシレネと言うことであろう。
小型のシレネであるがご多分にもれず元気いっぱい。

茶色の花弁が小さくまとまって、一つ一つの花はチャーミングだ。
が、いっぱい咲くとご覧の如し。
マー、かわいいと言えば言えないこともないけど。

生まれはトルコ方面でもある。

名前をcaucasicaとしてしまい、誠にすみませんでした。
正しくは シレネ・ピグメア Silene pygmeaです。
[PR]
by Alpineflower | 2009-05-18 21:32

Geranium cantabrigiense


d0025568_6325164.jpg
昨年以上に存在感を増しているゲラ。
ハクサンフウロと言う名前で売られていたゲラ・・ひどい話。

庭の一角を貰って、いまや元気いっぱい。
ダルマティクムマクロリズムとの交雑種ということらしい。
ピンクの丸型の花を立ち上げて、にぎやかに咲き始めています。
この花も地植えがよろしいのでしょうねー

そういえば、ダルマティクムを救出しなければ・・
いつの間にか、ゲラが増えてます。わが庭も。
d0025568_6322537.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2009-05-17 06:35

かわいさにーー

d0025568_1959916.jpg

d0025568_19592763.jpg

かわいさについ・・たいして咲き進んでいないんですけど・・
つんつんした形はキクバクワガタなどをもっと細くした感じですけど・・
なんと言ってもこのうぶうぶ・・モコモコからくり出すブルーは・・いいですねー

平田阿武殿、頑張って仕事をしてください。
[PR]
by Alpineflower | 2009-04-27 20:04

黄花のイカリソウ

d0025568_1937282.jpg

この花、南アルプスは荒川岳の前衛の山に産するということですが、大概の山草店にあるものです。
この黄色の花、と言うのは土壌が蛇紋岩系とか、石灰系とか、特殊の用土に咲くものが多いですね。
私の大好きだった、クモイイカリソウ、本当に小さくて、花もかわいいクリームだったのですが、、、今頃、あのご夫婦の下で、元気に過ごしているのでしょうかねー

実は、クモイイカリソウは違うものを手に入れて育ててはいるのですが…大きいのですよ。
で、今年軽石に地植えしましたら、小ぶりに育ってます。残念ながら花は今年も見れそうにないですが、これは楽しみに取っておきましょう。

この黄色のイカリソウ、今年はずいぶんと大きくなりましたが、やはり花がまばら。。。
それでもロックで頑張っています。
d0025568_19455153.jpg
[PR]
by Alpineflower | 2009-04-27 19:46

Draba ossetica var racemosa

d0025568_7151478.jpg

昨年の株が立派になり、今年もいい花をつけている。
こういうかわいい花が、あの暑い夏を乗り切ってくれたことは本当にうれしい。

姿といい、花といい、大きさといい、これだけのドラバははあまりない。

皆さんもどうですか?
[PR]
by Alpineflower | 2009-03-21 08:24