世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2013年 03月 09日 ( 3 )

小さな芽

いろんな種が自然にこぼれて、いつか、庭にいっぱいに咲いてほしい。・・
そんな思いで、以前セツブンソウのプロジェクトをやってました。
皆さんのところに種が届いていって、たくさん咲いた知らせをいただきました。
のんびりやっていた種まきも・・あるとき・・あれ・・花数が減っていく。
そうなんですね。
セツブンソウは、咲くまで普通4年、寿命は10年前後・・毎年しっかり種まきしていなければじり貧してしまうんですよね。
そういう風に皆さんに言ってきたのに、自分ところは紺屋の白袴。・・
で、しばらく休止のプロジェクト。
種を昨年からこぼして見ました。

d0025568_21524741.jpg
案の定親株は消えてましたが、一年生はしっかり。
ほかに、たくさんの芽があるのが2か所ほど。
頑張って生き延びてください。



d0025568_21582372.jpg
エランシスです。親株のまわりに、1年生、2年生、3年生がたくさん。
なんか急に増えてきました。3年後が楽しみです。



d0025568_2232727.jpg
これはコリダリスの一年生。
コーカシカムでしょうか。・・
楽しみです。
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-09 22:49 | 栽培種

コバイモ-1

この仲間は栽培するにはかなりの肥培をしないと作落ちする。
自然界で、種をつけた株が来年花をつけず、休むのはやはり、そんなうまい環境はないのであろう。
鉢栽培はその点、管理の良しあしでこの辺がカバーできる。
手を抜けば花は咲かずに作落ちするが、まじめにやれば、種もよくとれる。分球は???
d0025568_425469.jpg
鉢植えのホソバナコバイモ



もともとが、自生の環境もよく似たところが庭に再現できるんで、今のところ生き残り、こぼれおちた実生が今年は4年目で蕾を付けた。温度的にそんなに気を使うことはないのである。
d0025568_4302653.jpg
こぼれおちた種からのたぶんイズモコバイモ
4年目?


d0025568_443421.jpg
イズモコバイモの芽出しと、ミノコバイモの実生?


ただ、今のところの環境的に合わないのがコシノコバイモ・・
なぜだか・・石系の用土が災いしてるのだろうとは思ってるのだけれど。
でも。。。今年この白っぽい花を見たときにはまた手が出てしまった。
さて、・・・どうなるか。
d0025568_4413347.jpg
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-09 04:46 | 栽培種

雪割草の思い

d0025568_33116100.jpg


庭に放たれ、自活している雪割草。
落ち葉と、雑木の下、雑草と戦い、生き残った・・にしてはあまりにもやさしい顔。
たおやかな時間が過ぎていくのを感じます。
感謝。
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-09 03:35