世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2013年 03月 07日 ( 3 )

ユキワリイチゲ・・再び

いいですよね。
この花。Anemone keiskeana

なんとも言えないグラデーション。

たくさん咲いてください。

d0025568_4449.jpg



d0025568_445922.jpg

光を浴びている姿もいい。


d0025568_440330.jpg

おまけは秩父紅
遅い春です。
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-07 04:06 | 庭の植物

春の青

どこにも出かけずに植えかえ、種まき・・
結局セツブンソウにも会いに行けなかった。
いけない行けない・・からだがなまる。

慰めてくれるのはこのブルー
もっと濃い色なんだけど。。ま、お許しを
d0025568_404319.jpg

Anemone blanda 'ingramii'
英国のナーセリーからの花ですが、もう何年になりますか。
地植えで、毎年、花数は増えていましたが、球根は二球のみで増えも減りもしませんでした。
要するにずるずると大きくなるタイプ・・・(笑)
モグラーに昨年いじめられたので、昨年はわずかな花でした。…ので、今年は掘り上げ。
どうなりますか。
基本、丈夫ですね。
で、色がいい。
種からも今年は、掘り上げた場所の周りに二年生が見えていました。
今まで播いたものはどうなったかって?管理不行き届きにつき行方不明者リストです。

ではでは、満開にまた上げましょう。
[PR]
by Alpineflower | 2013-03-07 04:01 | 栽培種

オウレンの仲間

庭にバイカオウレンを植えてから10年ぐらいたつ。
最初のころは調子よく咲いていたのだが、ここ数年、暑さと、木の剪定でかなり日が入るようになってしまい、植物の調子が崩れたようで、シャクナゲが枯れ始め、バイカオウレンは青息吐息、花どころではないもよう。花を今年は見なかった。
だもので、肥料を施し、土を入れ、苦土石灰も少々入れながら、バイカオウレンのレスキューを行った。

ついでに種まきやら、購入やらで増えたオウレンたち。
この仲間たちが、育つようなのは湿潤冷涼な林。ちょっと我が家では無理なので、今後も鉢栽培かな。
d0025568_3104615.jpg
キタヤマオウレン・・バイカオウレンのひとつでいわゆる地名を冠したもの?
違いがよくわからない。


d0025568_3143083.jpg
ヒュウガオウレン・・早咲きの小型種。西日本に分布
一回り小さな種類。


d0025568_3161783.jpg
オオゴカヨウオウレン・・屋久島の特産種。オオではなくて姫とか屋久島とか名前を冠して販売されている。
実生に挑戦。乾燥防止に苔を張る予定。
非常に小さい、のでオオとかいう名はどこから来たのだろうか。


d0025568_3174043.jpg
コシジオウレン
越路というくらいだから、当然日本海側の植物。別名はミツバノバイカオウレン。
葉はミツバ。なかなか育てるには厄介という記憶があるが・・とりあえず実生を心掛ける。
ミツバオウレンとは軸の色花の形、葉の形等で区別されている。花が梅花かどうかがポイントでしょう。



d0025568_32143.jpg
セリバオウレン
我が家のは雌花らしい・・・
いわゆるオウレン=キクバオウレンとは葉が異なるのですぐにわかります。
コセリバオウレンとかいうものもあるらしいのですが、大昔に父が植えていたのがそれだったかもしれない。薬用として庭に植えてた。かなり小さかった記憶があるので、このセリバオウレンを見たときにはあまりのワサワサに異和感たっぷり。


[PR]
by Alpineflower | 2013-03-07 03:24