世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

早咲きの原種スイセン

d0025568_1728586.jpg

12月に咲き始める早咲きの小型のスイセンです。
Narcissus cantabricus DC. subsp. monophyllus、またの名は Narcissus bulbocodium L. var. monophyllusといい、日本ではバルボコディウム・モノフィルスで販売されています。
生まれは北アフリカ、モロッコとか、ヨーロッパではスペイン辺り、つまり地中海気候という奴でしょう。
この12月の初旬から咲き始め、約半月ほど花を楽しめるこの時期には貴重な花です。
芽出しは11月、間もなくつぼみが見え、12月にはこのようなクリーム色の花が見られます。
花後に肥料を少し施してやればよく増えますが、軽石のような水はけの良いところがいいようです。あまり詰まってきたら他の水仙と同じように花付きが悪くなりますから植え広げます。

庭の片隅で、寒さにも負けずに咲き始めたのを見るとうれしくなりますね。
まだまだつぼみがあります。
d0025568_1841571.jpg

[PR]
Commented by tkomakusa1t at 2008-12-10 20:49
可愛い花、葉も細く。。。花のない季節に
咲いて 貴重ですね。
お尋ねします。
家にもこの花、葉に似たスイセンがありますが
ペチコ-トスイセンという名札がついて売られていましたが
まだ蕾はないようですが葉は写真ぐらいに伸びています。
同じ仲間でしょうか。
Commented by akko at 2008-12-10 21:44 x
なるほど・・・
今咲いて良かったんだ。
今日開きました。もっと開くのかと思ったらこんな感じなのですね。頂いたんですよ。1球。ナ-シサス・カンタブタリスってカタカナで書いてありました(笑)。花が終わったら肥料あげてみます。で、 赤玉だけの鉢に植えてあるので軽石混ぜるのはいつがいいのですか??
Commented by Alpineflower at 2008-12-10 21:58
ペチコートスイセンという名前で売られているものも同じNarcissus bulbocodium の仲間ですね。亜種が色々とあるのですが、大体は黄色で春咲きのものがほとんどです。
komakusaさんのところのものも多分このうちの一つではないかと思います。が、なかなか見分けるのは大変そうで、このモノフィラスだけは色と咲く時期で容易に見分けられます。

黄色のbulbocodiumは我が家の庭では四月に咲きます。
Commented by Alpineflower at 2008-12-10 22:04
あれ、akkoさんのところでも咲きましたか。んじゃ同じ日に開いたわけだ。
カタカナ読みはいいのですけど、いろいろと読み方があってねー
ナルキススとかナルキサスとか、ま、おんなじものだと思えばいいです。
軽石を混ぜるのは9,10月の植え付け時です。今回は鉢で育てて、来年地植えにしたらどうですか。
Commented by nageire-fushe at 2008-12-13 15:02
水仙の季節当来ですね!
神秘的ですね。ナルシスの化身なのですよね。
Commented by Alpineflower at 2008-12-14 15:14
そうですね!これから、芽出しや花が待ち焦がれるようになります。
narcissist、ローマ字読みだとナルキシストかな~
この手の花は、ペチコートと言ったほうがピンときますね。
by Alpineflower | 2008-12-10 18:07 | 野草 | Comments(6)