世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雨飾山

栃木から富山へと夜中に移動した今回の出張もようやく終わり、さて、ご褒美にと日帰りの山行きを考えたのは仕事が終わったもう22時。
どこにいこうか・・・・
明日の朝考えよう・・

朝早くにビジネスホテルを出発。。
カーナビで、行き先をどこにするか・・・
楽しい時間。
糸魚川近辺・・お、雨飾山・・いいねー
巻機山と並んで、どこかひきつけられる名前だ。。昔に行ってみたいと思っていたのではないか。
登山口は・・情報は何もない。と、雨飾温泉というのがある。とりあえず、この辺は登山口くさい・・
お天気は  なーーんとドッピンカラリン。
というわけで糸魚川に来た、遠くに見えるのが雨飾山???らしい。
いつも心躍る瞬間である。
d0025568_123070.jpg

車はぐいぐいと山道を登って、着いたのが雨飾山荘。
温泉でもあるわけだ、梶山新湯とも言うらしい。
登山口に車を止め、コンビにおにぎりにいつもの魚肉ソーセージとあさげにコーヒー。
準備をして出かけたのは8時28分
いつもなら登山口は写真は取らないが今回は何となくパチリ。


d0025568_129272.jpg
山荘の前を通って、お宮の横を抜けると急登の始まり。
でもさほどつらいとも思わず、一気に尾根に出て、中の池までくる。
時計がないので時間はわからない。
中の池にはだらしなく伸びきったミズバショウが数株。モリアオガエルの卵の保護のあぶくも見られた。
斜面にはシラネアオイの姿も見られる。春先は綺麗なところであろう。
登っていく両側はイワカガミがびっしり。綺麗な葉が見られる。


d0025568_13402596.jpg


d0025568_1341789.jpg
途中ミヤマママコナがたくさん見られたが。中には白花もちらほら。


d0025568_13424100.jpg

ツリフネソウの残り花に、アキノキリンソウと定番の秋の花たち


d0025568_13432742.jpg



d0025568_13464761.jpg

すばらしいブルーのガクアジサイも出てきて、なかなかのもの


d0025568_13492532.jpg

リンドウはまだ開いてません。


d0025568_13524080.jpg
そうこうしているまに再度の急登です。


d0025568_13533632.jpg
笹平のハクサンフウロ


d0025568_13543171.jpg
ウメバチソウ


d0025568_1355896.jpg
マツムシソウ


d0025568_13561055.jpg
トリカブト


d0025568_142315.jpg
立山ウツボグサ


d0025568_1465241.jpg
リンドウ


d0025568_1432650.jpg

アキノタムラソウ



d0025568_14133248.jpg
登りきると笹平、一面の笹の中にリンドウとトリカブトの紫が点々と見られ、立山ウツボグサの花ガラと、ウメバチソウの残り花、マツムシソウの残り花が少しばかり見られました
途中の登りまでは人一人会わなかったのに、小谷温泉側からの登山者がこの笹平で合流するとそれはもうにぎやかなんていうものではない。。
初老の男女の団体さん。。。もう少し静かにね^^
頂上到着は10時32分、約2時間、標高差は約1000mだから、まずまずの予定通り。


d0025568_13574365.jpg



d0025568_13581946.jpg


d0025568_13593127.jpg


少し離れた所に南峰があり、お地蔵さんが静かに座ってました。
昔からの信仰の山であることが伺われます。
山頂からは日本海、火打ち,北アルプスの山々等々
すばらしい眺めでした。

さて11時30分に下山です。
もと来た道を下るわけです。
あっという間に降りて、時間は1時2分着


d0025568_1401617.jpg

海谷山塊を登ってきた63の方と駐車場で話をしました。
はしごの連続でなかなか面白そうです。
金山という山は花がきれいとか、今度来るときはこの2つをぜひ登ってみたいものですねー
[PR]
by Alpineflower | 2007-09-12 14:08