世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

八幡平の花たち(その3)

オオバキスミレ
d0025568_19375486.jpg

本来は森林の花なのだが、茶臼岳の登りで見られる。
若干葉が小さい感じもするので、変種のミヤマキスミレかもしれない。

登山道の所々にポツンポツンと咲く姿は、唯一急なのぼりの茶臼口で心を和ませてくれる。

オオバキスミレ
Viola brevistiplata
----------------------------------------------------------------------------------------------



ミヤマキンポウゲ
d0025568_19564918.jpg

独特の金属光沢を持った仲間たち。

登り口の車道脇から、高層湿原まで、咲いてはいますが、湿原のの小屋のそばのこの株は非常に栄養状態がいい。

写真をとっていると、女性の一団体、「シナノキンバイよ」「シナノキンバイが咲いている」
声高にリーダーらしき方が叫びます。

あまりに、連呼するので、つい、「これはミヤマキンポウゲですよ、シナノキンバイはもっと花が大きく、花に金属光沢はありません、葉ももっとちがいますよ。」
が・・・リーダーの方、「えーーーこれはシナノキンバイよ、シナノキンバイ、シナノキンバイ」
奥さん、「お父さん、やめておきなさいよ。。。」
そ、こんなとこで、議論はいらないねーー
で、はたと気がつきました。
私の格好。お気楽登山のおっちゃんでしょ。
ズボンのすそをまくりあげ、ちょっと太目のポロシャツに、頭にゃ、温泉のタオルを巻いてたら、そりゃー信用しないかも・・・・わははははは
女性の一団は、上から下まできちっと決めて、ご丁寧にスパッツまで。蒸れないかねー
そういや、靴も運動靴だったけ。

ともかく。。。。
この花は適応力が強く、平地でも種からよく育ち、いい花をつけます。
丈も大きくなって、タネもたくさん。
初心者向きの種まき花です。



d0025568_2012639.jpg
ミヤマキンポウゲ
Ranunculus acris var. nipponicus
[PR]
by Alpineflower | 2007-07-03 19:50 | 高山植物