世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

八ヶ岳の花たち-5-

d0025568_1993340.jpg
山頂は大賑わい。
やっぱり人気がある山だ。

山頂小屋のほうに目を向けて
岩稜を見る。


d0025568_19145158.jpg
山頂から一気に下って赤岳展望小屋までの道は、メインロードかな。
オヤマノエンドウやチョウノスケソウはもう完璧に終わっている。
そんな中で、タカネシオガマがぽつんと咲いていた。

これも既に全盛期を過ぎている。

タカネシオガマ
ゴマノハグサ科シオガマギク属
Pedicularis verticillata


d0025568_1924125.jpg
登ってくるときには蕾だったトウヤクリンドウが開いていた。
蕾のときは色は濃いブルーなのに、咲くとこんな素敵な花になる。

何度となく下で咲かせたが、このような花には決してならない。

しばらく、眺めていた。

もう、のんびりの稜線歩きである。

トウヤクリンドウ
リンドウ科リンドウ属
Gentiana algida


d0025568_19341886.jpg
これはその蕾のとき


d0025568_19353041.jpg
稜線には、一株だけ、もうウラシマツツジが紅葉を始めていた。

ここはきれいな紅葉ポイントとなるんだろう。

ウラシマツツジ
ツツジ科ウラシマツツジ属
Arctous alpinus var.japonicus


d0025568_1941359.jpg
ミヤマダイコンソウも、大きな葉っぱに最後の花をつけている。

岩場の好きな花だ。

ミヤマダイコンソウ
バラ科ダイコンソウ属
Geum caithaefolium


d0025568_19445498.jpg
天望小屋の周辺にはコマクサが群落を作っている。
完璧な砂礫地で、点在するさまはかなりの根の発達があることを物語っているのか。

写真にはないがウルップソウの葉っぱも見える。

コマクサ
ケシ科コマクサ属
Ducentra peregrina


d0025568_19522349.jpg
小屋の脇にふと目をやると、こんな所にウメバチソウが。

コマクサより、うれしい~

秋は、すぐそこでした。

この後は稜線に別れを告げ、真一文字に行者小屋へとおり、登山口に戻って、
一路我が家へ。

朝の6時発。19時半帰宅の日帰り花見登山でした。

ウメバチソウ
ユキノシタ科ウメバチソウ属
Parnassia palustris
[PR]
by Alpineflower | 2006-08-22 20:01 | 高山植物