世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

くもの巣に絡まったツバメ

突然ばたばたという音、横を見たら、我が家のツバメがもがいている。

おっと、猫はいない。
あわてて捕まえてみたが外傷はまったくない。
おとなしくしている、ウンウン、わかるのかな。

よーく見るとべとべとと、まとわりついているのはなんとくもの巣。
かざ切羽に絡まったのがまずかったらしい。
そっととってやったが、尾っぽの周りの産毛を少し抜いてしまった~

あらかたきれいになってもジーーとしている。
裏の川の土手に行って、そっと離すと見事に飛行!
でも、離れ際、ツイーと怒って泣いたぞ~あははは

おっちょこちょいめー

カンパニュラ コルヘンシス

きれいに開いたねー
d0025568_18543534.jpg

[PR]
Commented by すず at 2006-05-27 21:46 x
systemさん、こんばんは!蜘蛛の巣に絡まるなんて、珍事ですね!
蜘蛛もびっくりしただろうなあ。sysytemさんちの蜘蛛は特別なのかも(^^)
これもまた美しいですね~。
蕾を眺めるのも好きです。ここが開いてこうなって~・・・って
よくできてますよね。
ピンクエゴノキも憧れです(近所に大きな木があります)
Commented by Alpineflower at 2006-05-28 06:39
すずさん、おはよー
珍事珍事~
子供のころ、くもの巣を網代わりにしてトンボはとったけど、鳥はねー
しかし、しっかり絡まってましたよ。
栄養状態のいいくもがいるからかなー・・それって、虫の天国っちゅうことかー

蕾が開くのというのは不思議だねー
ケシの開花など特にそう思う。パカっと割れて、あれあれという間にくしゃくしゃの花びらを伸ばしてくる。
夏休みの蚊帳の中で今か今かと待っていたせみの脱皮がふと、頭に浮かびました。
by Alpineflower | 2006-05-27 18:55 | 四季 | Comments(2)