世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

山はまだ早春

例年のごとく、近くの山の沢に入りました。
今年は沢が荒れていて、人も入った様子もなく、
途中からは道がニリンソウであふれていました。
踏まないように歩くのは至難の業。

d0025568_21574284.jpg




何度か道を外しましたが、目的の花ねこさんにも会ってきました。
d0025568_2159179.jpg

一番上の個体は花弁がピンクがかってるのわかりますか?
この沢には結構あります。
みんなもうシベが飛んでしまってるので、シベの色はわかりません。



d0025568_2271175.jpg


ということで、さらに上に登りました。
もう1000mは越えたころ、一休み。
ざっと見渡してみると、枯れ沢の端に、やっと見つけました。



d0025568_222199.jpg

まだ赤いシベが残っています。




d0025568_2244029.jpg
いいですねーー、これぞ花ねこさん。


d0025568_22105442.jpg

花ねこさんの次はやはりこのひと
ヤマエンゴサクさんの姿には毎年・・心洗われますねー
米粒のような葉っぱからなぜこんな大きな花が出てくるのでしょうか。・・


d0025568_2214494.jpg
しばらく、ヤマエンゴサクさんの姿をご堪能ください。


d0025568_22164230.jpg


d0025568_22174935.jpg



d0025568_22184857.jpg

陽が、深い沢の底から離れて行ったときにきれいな一群を発見しました。


d0025568_22211829.jpg

沢のそばの岸辺なんですが・・ブルーがきれい・・
陽が差していれば沢のせせらぎも写りこんだかもしれません。



まだあと、続いてます。



他にもいろんな早春の花がまだ見ることができました。
d0025568_222634.jpg
杉林のなかにはスミレサイシン・いつものメンバー


d0025568_22274589.jpg
ヒトリシズカも、まだ拝んだ状態。


d0025568_22303741.jpg
ミヤマエンレイソウ
これも例年通りの場所で迎えてくれています。


d0025568_22321987.jpg
お山の扇風機は横から見るとシックなダンサー


d0025568_22343760.jpg

ミヤマカタバミ
手をかけるところに咲いてますので。慎重・・


d0025568_22375678.jpg

少し気分を変えて・・
谷の流れは静か・・コマドリが鳴いてました。


d0025568_22424140.jpg
ハルトラノオも定番。元気ですねー


d0025568_2362268.jpg

エイザンスミレ


d0025568_2301544.jpg
ヒナスミレ


d0025568_2323161.jpg

ヤマルリソウ
この沢ではここだけ。明るく開けてきた谷の左岸に張り付いてます。


d0025568_2374268.jpg
ツルシロカネソウ
この花も春の定番



d0025568_2393223.jpg
これはユリワサビ?


d0025568_23115813.jpg

何とも変わったツルシロカネソウです。
この後どうなるのでしょう。
八重なのかなぁ。


d0025568_23135645.jpg

シコクスミレ?

長々、お付き合いくださいました。感謝。
[PR]
by Alpineflower | 2013-04-13 23:15 | 登山