世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

猿ども

このところ、となりの畑の収穫物の横取りと、向かいの川沿いのクルミを狙って、また猿が出没している。
秋の収穫祭にはまだ早すぎるっちゅうのに。

猿が来るとせみが泣き止むからすぐわかる。

それと、独特のあの泣き声
ヒュイとかフィとかなき交わしながら安全を確かめているようだ。

隣の畑の主はナスやきゅうりまで食べるといってがっくりしている。もちろんトマトも。
で、ニガウリやはなおくらは食べない。
豆はどうなのかな。
スイカや、とうもろこし、かぼちゃは大好物。したがって、ここ数年作ったことがないそうだ。

猿の害は奥山の豊かなブナ林を切ったときから顕著になってきた。
えさがなくなればいっせいに里に下りてくるわな。
それまでは、山の中にしいたけを作っていても猿にやられることはなかったのに、だんだんひどくなり、人家のそばに作っても、猿よけの電柵や網をしてもやられる始末で。
ついに、ほとんどの家でしいたけを作るのをやめた。
と、次に狙ったのが畑の作物
かぼちゃを両腕で抱えて走っていくという漫画みたいな姿が目撃されたほど。

空き家と思えば入ってくる、この狡猾な輩としばらくは対峙しなければならないか。

画像は猿ではなく、今年生まれたトノサマガエルの子供。
親はどこにいったんかい?

撮影 自宅庭
d0025568_6531643.jpg

[PR]
by Alpineflower | 2005-08-22 06:55 | 生き物たち