世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

我が家の小さな水辺

d0025568_19342633.jpgトノサマガエルがすみ、ヤゴがいる。
タニシがヘドロをきれいにしてくれて、タナゴもいるはずである。

おたまじゃくしは見たことがないが、毎年、小さなかえるがぴょこぴょこ飛び歩いているから
たぶん、いたんだろう。
ヒメダカは、食べられたらしい。
子供たちが、タイコウチやゲンゴロウを捕まえてきていれたり、
在来のめだかを入れたが、繁殖はしていない。
ヤゴが強いのか

植物は、昔の睡蓮と、頂き物の八重オモダカ。
その年により、ほとんど咲かないときと、よく咲くときがある。
白の八重のオモダカは、場違いのごとく清楚だ。

この池が突然水位を下げ始めている。
どこかが、割れたようだ。
大雨が来ると水位は回復するが、照りが続くと見られたものじゃない。
毎朝、水を補充している。
2度目の存続の危機である。

一度目は、奥さんが落ちたとき。
流れ星を見るといって、お・ち・た。
なだめて事なきを得た。

二度目の今回はちょっときびしい。
じい様が、朝の日課のウサギのえさやりに行くのに足元が危ないのである。
そこにもってきて、この水漏れである。



そんな、水辺から、今度は小さなトンボが生まれた。
やさしい、いつものトンボである。
d0025568_19335012.jpg
[PR]
by Alpineflower | 2005-07-30 19:36 | 生き物たち