世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今年の福寿草・・総括。

d0025568_452886.jpg

知らず知らずのうちに増えてきている、庭の福寿草。
今年も一番早かったのは、よく日の当るようになったヒバの根元の株。

芽もしっかり、花もしっかり・・

夏中も明るい、時には直射日光もさすそんな場所の株で、昨年、2つに分け、お嫁に出したのだが、それでもいい花をつけた。
大事なのは今頃の直射日光・・
上は2月7日の様子。


d0025568_501696.jpg

2月の半ばに新たな仲間を導入した。
写真の花。キタミフクジュソウだ。名前の通り、北海道生まれの花、一茎一花の大輪である。
光がとてもきれいに映し出す世界に驚嘆。でもなかなか、花弁の輝きまでは表現できない。・・

これから、ここで大きく育ってくれることを期待。
残りの四国とみちのくもおいおいと入れておきたいですねー

d0025568_554912.jpg

中旬の、中央部の福寿草たち。
大体咲きそろいましたが、もうすでに丈を伸ばして咲いてます。
お目覚めの遅い理由は日陰すぎること。
この後、モグラに蹂躙され、何本かはおられました・・(涙)

d0025568_592740.jpg

ここが一番最後の花が開いた場所。
約20日遅れ・・
すぐに茎が伸び始め、花は小さめ。理由は日陰すぎる?それとも肥料不足?
色々とありますが、最後に紅秩父山やはりモグラの蹂躙で息絶え絶えになってることを報告です。
[PR]
by Alpineflower | 2011-03-09 05:20 | 栽培種