世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

H.チベタヌス

d0025568_17305954.jpg

遠くよりやってきました。。チベタヌスの開花株。
いろいろとお骨折りいただきありがとうございます。
これは、実生からの株だとか。
まじまじとながめ、わがちっぽけな雑木林の真ん中に座ってもらいました。

そう、こういう雰囲気がほしかったのです。
ちょっと楽をしてしまいましたが…ゆるされて・・

この隣にはもうひと株。そちらは輸入の養生株だとか。いい根をしておりました。広げて植えこみ。
たがいに、受粉して、いい種がとれんことを祈ります。

ええですなーーうつむき加減で。
[PR]
Commented by ブーママ at 2010-03-01 23:37 x
ありゃ、うちを立った時より花茎が伸びている??
そうそう、新芽を出してきたチベさんがいたでしょ? 出所は一緒だから兄弟かもしれませんねー
して、この子達はどういう環境下に植えたんでしょか~?
用土はそのまま使いました? 実生株の方が根っこが短かったですか?
深い部分はふかふか養分のある土で上の方を石系用土にしたらどうかな~って考えてるんですよ。
っで、やはりかなり深く植えて良いみたいですねー
標高350mの場所で大株のつつじの下に地植えされてるんですよー
夏の直射日光は遮られて冬は陽ざしがそこそこあるみたいです。
systemさんちも同じような環境かなぁ~
Commented by Alpineflower at 2010-03-02 09:44
やっぱり気温が高いから、伸びるのでしょうねー
環境ですか。下の土は我が家の山からの土で、たぶん肥料分はほとんどなく、水はけはいいです。
鉢の用土はあかぼくとくろぼくでしたので、混ぜて表面の腐葉土+桐生土と一緒に入れました。
表面は、ガラガラと葉っぱですねー
根は少し切れていて、様子からやはり深く根を張るものだということがわかりました。
鉢で育てるなら、縦長のスリットばちで、二重ばちがいいのかなという感じです。スリット鉢は断熱効果0ですからねー
標高350mなら、普通の平地とおんなじでしょう。
大株のつつじの下は夏はほぼ完全日陰になると思いますから、感覚的にはやっぱり、イチゲやカタクリ、ヤマシャクヤクなどと同じ環境がいいと思います。早春の山野草ですね。
結構、雰囲気にマッチしてるでしょう。
Commented by ブーママ at 2010-03-02 14:28 x
水はけってかなり重要みたいですね、特に地植えの場合は。
して、何か樹木の下なのですか?
それとも半日日当たり良いとか? 雨には当たります?

できることならうちは全株地植えにしたいですよねー
桐生土ってやっぱり良いのかなぁ~~

はぃ、前からそこに植えてあったような~~自生地のような雰囲気ですわ~~♪
Commented by Alpineflower at 2010-03-02 15:30
>樹木の下

下というか、富士桜とアマチャが南にあります。
夏の南からの日は避けられます。
周りには、ヤマシャクヤク、カタクリ、フクジュソウ、など植えてあります。
夏はほとんど、明るい木陰ですよ。
雨にはあたります。
桐生砂は固いですから、いいですよ。
レアさんのコメントにも腐葉土は好むことが書いてありました。
Commented by ブーママ at 2010-03-02 18:49 x
なるほど! とても参考になりましたわ
桐生砂、、あたしも使ってみます~
レアさんと言えば、、昨年秋に取り寄せた青っ花系のノトリリオン(小型なんですよ)を腐らせてしまいましたぁ! 悲しい。。
やっぱり消毒しないとダメですねー
一緒に取り寄せたフリチラさんは新芽が見えてきましたぞ~~
Commented by Alpineflower at 2010-03-02 22:19
ノトリリオンですねー
おしいなー
消毒ですか?
やらないとだめですかねー
乾燥が進んでいると、先に冷蔵庫なんかで、復活させてからということを時々やりますが。

Friさんも、芽の出方が今年は遅い?へんです。一回暖かくて、そのあとの寒波で凍ったのがまずかったかなー
半分も芽出しをしてません。まいた種も変に発芽して溶けた。
by Alpineflower | 2010-03-01 17:38 | 栽培種 | Comments(6)