世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

高妻山・乙妻山登山

d0025568_7154865.jpg

20日の日曜日に、高妻山・乙妻山に登ってきました。

花は少なく、人は多く、
でも乙妻山は、のんびりで、よかったです。
そうそう、お天気は最高で、まるで、選んだみたい。。。って、選んでいるのですが。

写真は、乙妻山から見た高妻山
けっこういいですねー

さて、また例によって、夜中の1時に登山口近くの駐車場に到着。
暗くて、余り状況がわからないのですが、即、仮眠。冬用シュラフを干してきたので快調に寝れます。
ということで、
はい、寝すぎました。

起きたのは5時30分を回ってました……・

周りの車はみんなもう出発の態勢です。
おひょ。」

なんも支度していない・・
ザックにまず、本日の道具を詰め込みます。今日は快晴なので、コンロはいいでしょう。
お弁当は夜中のコンビニでホタテご飯とやらを買いました。(しかし・・これが少し失敗)
詰めます。
お水は1.5L。
忘れ物はないですねー

登った時間は
6:00道路わき駐車場出発 7:02一不動乗越、9:12高妻山 9:35高妻山発
10:18乙妻山 11:02乙妻山発 13:15一不動 13:32一不動発 14:20駐車場着
でした。





下の駐車場でしたので、しばらくキャンプ場の中を歩きます。
キャンプ場なんて、たいしたことがないと思ったら、すごーーーい人。みんな立派な車に、テント張り。
日本のキャンプも様変わりです。
昔、子供を連れて行って、石に座らせて、石を敷いて炭をおこしたら、隣の立派なキャンプセットを見て
なぜうちにはイスがないの?と聞かれました……
えっ、いす…だってキャンプだもの・・・・・(結局その次の年、いすを買いました。年々キャンプに行くたびに道具が増えていった。Why?)
ま、それはおいといて・・・・・ちょっと、そんな異質なおっさんが歩きます。


d0025568_13331914.jpg
目の前の戸隠がきれいですね。
牧場の中を登山道は通ります。
牛がのんびり朝のお食事、落としものもたくさん。
山の中に入ってきます。今日もセーブの速度ですが・・・
みなさんに道を譲ってもらいます。すんません。
一不動まで一時間。
途中、鎖場が二か所、落ち着いて渡れば足場がしっかりしているので何も問題はないです。
かえって、手が入りすぎていて先ほどのいすの話の如く過ぎたるは…かも。


d0025568_13342774.jpg
一不動…て、なんで一なのと思っていたのですが、やっとわかりました。
ここから、ちょっとしたピークやポイントごとに二釈迦、三文殊、四普賢、五地蔵という具合に数字が入っているのです。


d0025568_1335158.jpg
十三仏というのだそうです。仏さんはいっぱいいるのですね。お釈迦様はそのうちのひとつ・・2番目・・なぜ?


1不動明王
2釈迦如来
3文殊菩薩
4普賢菩薩
5地蔵菩薩
6弥勒菩薩
7薬師如来
8観音菩薩
9勢至菩薩
10阿弥陀如来
11阿閦如来
12大日如来
13虚空蔵菩薩
歩いていて、確認できなかったのは7と11。
どこかに行ってしまったんですかね。7は見落とし、11はよく帰りも探したのですが・・・
13の虚空蔵は乙妻山の山頂、10の阿弥陀は高妻山の山頂手前。
乙妻山までいかないと13にはなりません。
昔の修験者のコースだったわけです。


d0025568_13374488.jpg
稜線に出ました。朝のうちはまだガスが出ていないので、飯縄山がよくみえます。


d0025568_1339324.jpg
こちらは妙高山。


d0025568_13402490.jpg
ミヤマママコナでしょうか。


d0025568_13411063.jpg

本日のスター、高妻山がやっと全容を現しました。
なかなかいいピラミッダルな山です。




五地蔵山の手前で団体さんに遭遇。山頂で皆さん休憩・・私も休憩したかったけど・・
うーーん、あんまりいい雰囲気の団体さんではないですねー
どかどかどかと通路もかまわず座りこみ傍若無人に騒ぎ、女の方は大きな声で、お花摘み中を宣言…
どひゃ。
先を急ぎましょう。写真の方は偶然入ってしまいました…


d0025568_13445185.jpg
六、弥勒菩薩の石宮


d0025568_13461756.jpg
八、観音様  苔むした姿が何とも。


d0025568_13475572.jpg

おお、先日登った、右から妙高、火打。そしていつか登る焼山。


d0025568_13501560.jpg

目を転ずれば戸隠山の向こうには北アルプスが見えます。


d0025568_19424652.jpg

で、なんやかやと、最後の急登となる、直下まで来て一休み。少し長かった…
ここは九勢至菩薩の小さな石室から山頂が仰げます。
d0025568_19495599.jpg

笹の中の急騰を喘ぎながら登ると、ポンという感じで尾根に出ます。
尾根からは、北アルプスが一望。


d0025568_1952337.jpg

しばし、平らですが岩の多い山頂部を進んで、高妻山山頂です。
9時12分着、すでに10人ほどの人が思い思いの場所に陣取っていました。
お茶を飲んで、眺めに感嘆しつつの休憩。



d0025568_19562529.jpg

これから向かう乙妻山は一番右のピークです。
なんかいい雰囲気。


d0025568_1957529.jpg

遠く八ヶ岳が雲の上に見えます。


d0025568_19582940.jpg

こちらは多分 木曽の御嶽山。
東、北方面は雲の中です。
もっと朝早く着かないといけませんねー

さて、出発です。9時35分。
山頂直下、不意に急な道になり、ちょっとびっくり。眼の下はかなりの岩場ですが、ふらふらっときたら一巻の終わりです。そろりそろりと歩きます。キレット近辺だけでしたが・・・


d0025568_2033583.jpg
岩場に、シラタマノキがきれいに実をつけていました。
コケモモもびっしり。


d0025568_206378.jpg

尾根を進んで、鞍部にまで来ますと、ちょっとした湿原でが見えてきました。
乙妻山の静かな雰囲気がわかるいい場所です。


d0025568_2072936.jpg
この湿原に、十二大日の立てかん発見、しかし、石宮はありません。
いわゆるトピックポイントなんでしょう。
いろんな湿生植物の夏の名残がみられます。ここ、結構夏は面白そう。


d0025568_20105477.jpg

ここから、少しのぼると、乙妻山山頂、三角点より少し離れた場所に十三虚空蔵の看板と、石宮がありました。
北アルプスといい感じで写真に収まります。


d0025568_20162689.jpg
高妻山はガスの中を出たり入ったり。
あたたかくて、気持ちがよくてあんまりおいしくないホタテご飯も、帳消しにして、のんびりくつろぎます。


d0025568_1333062.jpg

これは右が焼山、左が金山です。
一昨年、雨飾山を登った時に金山は花がきれいですよと教えてもらったのでした。
その時は地理的な位置関係が分からなかったのですが、いまはばっちり。
ここもターゲットの2山です。
さて、のんびりとした山頂から、また高妻山を通って、戻ります。
出発は11時02分、カメラをしまったので、一不動まではノンストップ


d0025568_13221241.jpg
一不動着が13時15分、降りてきた方たちとしばし談笑、ちょっとだけ、このまま戸隠デモと思ってしまいましたが・・少しは疲れているかもとそれは中止。
素直に降りはじめます。13時32分
トラバースの岩も別に問題はなかったのですが、非常に滑る。
鎖場の岩は団体さんが下降中で、途中に入れてもらいました。
観光客でにぎわう牧場を歩いて、喧騒がますますひどくなったキャンプ場から、駐車場着は14時20分
着替えて、帰路に着きました。
[PR]
Commented by nageire-fushe at 2009-09-22 14:48
お疲れさまです~~~
紅葉を控えた高山、なんとも寂しげでそんな空気感が素敵ですね~~。
Commented by Alpineflower at 2009-09-22 19:42
こんばんはー
トコトコ登って行って、人の少ない山頂でお天気とともにお昼寝が最高です。
これから紅葉がきれいになりますねー
Commented by akko at 2009-09-23 08:12 x
おはようございます
昨日南アルプスに行ってきました~。ってトロッコ列車とSLですけれど(笑)対面に吊り橋がありそこからトロッコ列車に向かって手を振ってくださいましたが 吊り橋からトロッコ列車を見た方が楽しそうだなと思いました。乗ってしまうと姿を見られませんものね。姿と言えば いつもこんなに綺麗にお山を見せていただくといけません。お山はいつもこんなに綺麗だと誤解しそうです(笑)
Commented by keitann at 2009-09-23 11:16 x
systemさん、おはよう。
高妻山、場所を地図でみてみないといけません。(私がです)

北アルプスが朝日岳から白馬三山のうんと南まで見渡せてますね。
7月にあちらから逆に高妻山を見てるんでしょうね、わたし。

でも、北アルプスはやはり雪が残ってるときのほうが素晴らしいですね。
次回は残雪期に歩かれてみて下さいね。
Commented by Alpineflower at 2009-09-23 11:49
akkoさん、おはよ。
トロッコ列車とSLの旅でしたか。いいですねーーー
確かに乗っている姿は見られないな~
で、山はいつもこんなにきれいですよ。
綺麗な時にしか登らないから・・・・(笑)
Commented by Alpineflower at 2009-09-23 11:53
keiさん、白馬三山と朝日岳ですよね。
はっきりとは分からなかったのですわ。
高妻山は戸隠の北、妙高の南です。
たぶん7月に見られているでしょう。

この次は山スキーと残雪期が面白そうですよ。
Commented by プルメリア at 2009-09-23 22:30 x
ふ〜っ。いいですね〜。すごいですね〜。
それにしても、面白い山!
13仏? 全部拝んで来たシステムさんにはどんなご利益が?

keitannさんにはどの山なのかすぐに分かるんですね。私にはさっぱり、、、。
低い山じゃあこの絶景には巡り会えないんですよね。

こんな山々を眺めてたら、浮き世のごたごたは忘れられますね。
東京の空は狭い、、、、。どなたかが言ってましたっけ?

次のチャンスのために、体力維持につとめなくちゃ!
最近は軒下で、夏の間さぼってたお手入れなどやってます。

Commented by tkomakusa1t at 2009-09-26 14:04
高妻山登られたのですね。
まだ登ったことがありません。北アルプスの眺望が素晴らしいです。
お天気に恵まれて 雲の上にも出られて、、単独山行は
楽しいですね。

お尋ねします
友人の山からもらったキンランが種を2個つけました。
蒔いてみたいと思いますがセツブンソウの土の配合で
良いでしょうか。日陰ですか。蒔いた時に土をかぶせますか。
お忙しいのにすみませんがよろしくお願いします。
Commented by Alpineflower at 2009-09-27 14:39
プさん、乙妻山、よかったよ。
で、つぎ、県特産んにゃ乾徳山、10月初めだね。
体力維持。がんばです
Commented by Alpineflower at 2009-09-27 14:43
コマクサさん、高妻山もいいですが、乙妻山、いいですよ。
しずかで。

キンランの種まきですか…・セツブンソウの土の配合ではだめです。
ダンボールを細かくちぎった、ウチョウランの用土なら発芽するかもです。
私はランは実生はやらないので、あまり詳しくはわかりません。
かなり大変かも。
by Alpineflower | 2009-09-21 07:47 | 登山 | Comments(10)