世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

北岳の花たち(6)翌日

d0025568_1265011.jpg

翌日の朝です。
おおおおおお~~~快晴です。
夜は雨でしたが、朝は星が出ていてばっちり。

北岳の山頂がシルエットです。


d0025568_12102573.jpg

雲海の上に富士山が見えます。
小屋の上の登山道から。



d0025568_12135467.jpg

こちらは仙丈ヶ岳と中央アルプス。
そのうち登りましょう。



朝 5時15分からの朝食番。
なかなかおいしい朝食で、とろろ汁までありました。粘り強く頑張れってことでしょうかねーー
お弁当をいただき、相棒さんの荷物は置いて、私の荷物に水を入れ、
さーーー間ノ岳目指して出発です。出発は6時近く??でしょう。
9時には戻ってきて。。。11時には北岳山頂、15時には広河原っかな・・と胸算用・・
はたして・・・・






d0025568_12221083.jpg

出だしっから・・咲いてますねー
ミネズオウのかわいらしい花が岩にへばりついてます。
これはたまりません。
先はどうなる事か…



d0025568_12245664.jpg

はいはい、出ました。初めてのラン科。
ハクサンチドリです。
ここは小屋の横の少し湿った場所。たぶん雪渓が遅くまで残っていたのでしょうか。
ここにしかありませんでした。



d0025568_12271125.jpg

稜線を歩き始めて間もなく、ツマトリソウが、ポロリ。
どうも、白が飛びすぎてます。-0.3では足りない??
中の模様がきれいに撮れてないのは残念



d0025568_12292424.jpg

これはなんでしたっけ?
なんとかケイビラン??


d0025568_12432482.jpg
中白根山頂到達。
3000mをちょっと超えました。
北岳の左に甲斐駒ケ岳が見えてきました。


d0025568_12461712.jpg

イワヒゲが残り花をつけています。流石3000m超え。
イワウメも期待できそうですね。


d0025568_12475570.jpg

これはミヤマシオガマ
葉っぱが細かいのがよくわかります。


d0025568_1251545.jpg

はい、出てきました、イワウメですね。
特徴的な葉っぱとかわいい花。
久しぶりです。
この調子ではなかなか、間ノ岳は遠いですねーー(笑)


d0025568_12585920.jpg

やっぱり、この花がないとねー
黄花シャクナゲのきれいな花が今回初めて出てきました。
よしよしと。。ほくそ笑む。
朝日があたってきれいでしたが、この標準レンズは今ひとつ発色がよくないですね。


d0025568_1315822.jpg
ウラシマツツジの中から咲きだしているコイワカガミです。
この花もここだけ、他は花がもう終わってました。


d0025568_1345869.jpg
朝日の中のイワウメです。
レンズをマクロに変えるべきでした。
ちょっと期待していた画像とはかけ離れてがっくり。
手間を惜しんではいけません…て…時間が・・・・・
いえいえ、何のために登ってきたのか・・・・時間がなんだ~~~~


d0025568_1385946.jpg
そうだろう~~
君たち!



d0025568_1310058.jpg
小さい花も花??
なに??これ。



d0025568_13131790.jpg

はいやっと着きました。間ノ岳山頂 3189m 日本百名山、山梨百名山の一つです。
・・・・・が
何にも面白くもないただ広い山頂でしたねーー
ま、大きさは感じます。
ここから、農鳥越えて、大門沢、奈良田までも、うん、いけないことはないでしょう。


d0025568_1334891.jpg

さー、よく見えます
南アルプスの峰々
手前左の丸い感じの山が塩見岳(3047m)、その左手奥が荒川三山(3141m)、その間から見えるのが赤石岳(3120m)。
ウム、我が家から西に走れば荒川三山なのです。もちろん転付峠越え…
来年ですか。南アルプスも小屋が増えましたから。


d0025568_13403156.jpg

こちらは農鳥岳(3026m)
100mほどしか違わないのにえらく低く感じます。
ここも縦走して降りるときがいつ来るのかな。
遠く見えているのはこの稜線に連なる笊が岳でしょうか・・


d0025568_145321.jpg

北に目を転ずると、北岳が大きく迫ります。
今度はあの山頂に登り返して、降ります。

左は甲斐駒ケ岳、右に小さく鳳凰の地蔵岳のオベリスクが見えます。
[PR]
by Alpineflower | 2009-08-10 12:37 | 高山植物