世界の高山植物&野草たち


by Alpineflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北岳の花たち(4)

d0025568_627042.jpg

八本歯のコル付近の岩場に咲く白花のタカネビランジです。
とても近づけるような所には咲いてませんでした。望遠はなし・・・重いですからねー

ガスが下から湧き上がってきて、高山の午後のお天気です。
ちょっと疲れてきましたか。


d0025568_632959.jpg

ちょっと戻って、雪渓上部から、八本歯までの草付に咲いているシナノキンバイですが、
花形がかなり変わってます。花弁の先がとがっていて別の花を見ているような感じですねー







d0025568_6381895.jpg

こういう場所は当然このお方も咲いています。
ミヤマキンポウゲです。
この北岳バージョンである、北岳キンポウゲは頂上付近にあるという話でしたが、見つけられませんでした。
虫が非常に多く、あぶも。
3か所以上小さな虻に刺されました。はじめてのことです。
南方化している?


d0025568_7195612.jpg

もうすぐ八本歯コルというところでハクサンシャクナゲのきれいなピンク系の花に出会いました。
なかなかきれいな状態の花に出会うことはないのですが、これは花の中の斑点もよく見えていいです。


d0025568_7412831.jpg
足元にゴゼンタチバナです。
自然と歩みが遅くなる…
遅くなる・・・・・
これからもっと遅くなる・・・・(笑)


d0025568_7431714.jpg

オーバーで白が飛んでしまった妻と理想…いえ、ツマトリソウです。
翌日稜線でも出会いました。


d0025568_7453172.jpg

おなじみコケモモ。
お連れ様は、その実を口にポイッ
私「うまくないっしょ」
お連れ様「マーマーよ、酸っぱいけど」
まだ余裕をかましています。


d0025568_7482443.jpg
こんな、風化した木のはしごを登ります。
風化しても腐ってはいないので・・・
どうってことはないのですが・・疲れていると、こたえます。
両手両足。。よっこらしょ。


d0025568_751653.jpg
雪渓はガスの下。
結構来ました。
朝見上げた稜線の左肩の鞍部のところに到着間近です。


d0025568_832322.jpg
ヨツバシオガマの少しましな花が出てきました。
これから稜線沿いにずっと見ることになりますが、まずは証拠写真。
北岳の花はなんか少しくちばしが違うとか・・
ま、とりあえずヨツバシオガマで問題ないことで。


d0025568_8414462.jpg
ガスの中を登ります。
高度感はありますねー


d0025568_8453621.jpg
ミヤマダイコンソウ
岩場が大好きな花です。
ここはもう花が終わりかけています。


d0025568_84727.jpg
イワベンケイ
この花は、いろんな色の顔を見せてくれます。
赤の強い花、黄色の花
みんな同じなんでしょうかね。
きちっとしまったところはやはり高山ならでは。


d0025568_8523589.jpg
トラバース道までの登りで左手はガレ場ですが、右手に少し砂礫地があって、そこにミヤマクワガタの姿がありました。
しかも色が赤です。
翌日、間ノ岳に行く稜線の山梨側に数多く咲いていたのですが、写真なし。
写真はこの時だけでした・・・・まじい。
これは南アルプスの特有種だとか。
赤もいいですねー


d0025568_8582515.jpg

歩きずらい、中途半端な岩の連続した登りはトラバース道との分岐が近いことを示しています。
そんな中、シコタンソウが咲いていました。
岩についたわずかな土を見つけて根を張っているのでしょう。
やはり、自然の中の花はきれいです。
栽培種が出回っていますが、結構丈夫でかわいい花をつけるサキシフラガです。
[PR]
by Alpineflower | 2009-08-10 09:03 | 高山植物